トップ > 都市想像会議

「都市想像会議」とは
都市想像会議

異なるジャンルの人々をつなげ、新しい都市を想像し、創造していくための会議です。

近代社会が成熟したいま、新しい社会は新しい都市構造に宿るといっても過言ではありません。新機軸(イノベーション)を生むには、想像力(イマジネーション)と創造力(インベンション)が必要です。さまざまな課題が顕在化している現在、これまで分断されてきたジャンルを横断し、課題を直視しながらも未来を見据える、都市への想像力が最も必要なのではないか。そんな思いからシブヤ大学が立ち上げたのが「都市想像会議」です。

社会にはさまざまな課題がありますが、それぞれ個別に考えるのではなく、ジャンルを越えて考えるべき時代になっています。特に、これまで分断されて議論されがちだった福祉、介護、交通、まちなみ、起業、公共、土木などさまざまな課題を新たな神経系としてつなぎなおし、個別の課題の奥に潜む本質的な課題に向き合う必要があります。

これから私たちが都市をデザインしていくための議論を積み重ねていくことで、都市に対する想像力をたくましくし、あらゆる意味でイノベーティブな都市づくりへの提案を蓄積し、未来につながる指針を探っていく。それがこの会議の目的です。

第十回テーマ

子どもの遊び×都市

2017年9月26日(火)19時〜21時 ヒカリエ8F COURT

登壇者

  • 坂倉杏介

    坂倉杏介

    東京都市大学都市生活学部 准教授/三田の家LLP代表

  • 左京泰明

    ファシリテーター

    左京泰明

    シブヤ大学学長

  • 紫牟田伸子

    ファシリテーター

    紫牟田伸子

    編集家/プロジェクトエディター/デザインプロデューサー

家をひらくことから見えてくることが、見えてきた。

個人の家を地域にひらく試みが増えています。「家をひらく」とはをテーマとした第10回目のゲストは、東京都市大学都市生活学部准教授でコミュニティマネジメントを専門にしている坂倉杏介さんをお迎えして「家をひらく」とは一体どういうことなのか、具体的な方法論やかたちを紐解いていきました。

都市想像会議第十回「家をひらく×都市」スクリーン

「家をひらく」とは、個人のプライベート空間の一部(あるいは全部)を、パブリックな空間として提供することです。坂倉さんはこれまで学生時代に「京島編集室」、慶應義塾大学に在職中に「三田の家」や「芝の家」など、地域の空き家を借りてコミュニティの場にしてきました。そして現在は自宅の一部を「芝3丁目場作り研究所」ととしてひらいています。坂倉さんの考え方の根底には、現代社会には、ありのままの自分でいられる場所、気兼ねなく誰かと一緒に居られる「ほど良いつながり」が生まれる場所が必要だという考え方があります。「社会が便利になれば、人とつながらなくてもよい、お金があれば人の世話にならなくてもよくなりますが、それが漠然とした不安や何かあったときに決定的にまずいことになってしまう。これまでのようにひとりひとりのニーズに合わせたものを提供していくことだけではなく、いろんな人がほどよく関わる環境を用意することで安心感を感じたり、やりたいことを挑戦しやすい環境が必要になってきているように思えます」(坂倉さん)。そして、人とつながることで新しい価値が生まれるプラットフォームとなるのが、「いろんな人が安心して一緒にいられて自分が思うこと話せて、お互いのことを認め合うことができる場所」であり、そうした必要を感じた人が「家をひらこう」とする事例が増えています。

都市想像会議第十回「家をひらく×都市」会場の皆さん