シブヤ大学とは

シブヤ大学には、校舎がありません。
街が、まるごとキャンパスです。

たとえば、おしゃれなカフェやレストラン。
時に、お花屋さんや病院に、お寺や神社も。
街のあらゆる場所を“教室”にして、
シブヤ全体が「まなび」の場になる。
いわば、日本一広大なキャンパスです。

シブヤ大学では、学生は、先生にもなれます。
“教える”と“教わる”を自由に行き来できる。
いわば、新しい「共育」システムです。

もちろん、
大学なので“仲間づくり”もかかせません。
たとえば、街を歩いて地図をつくったり、
時には、仕事について一緒に考えてみたり、
時には、異国の人と文化交流をしてみたり。
真面目なことから、楽しいことまで、
「ゼミ」や「サークル」を立ち上げて、
街に人が集まる「あそび」の場をつくります。

そんなふうに生まれた人との“つながり”は、
きっと、街を「つくる」ことにもつながっていく。
遊ぶのがいちばん楽しい街は、
学ぶのがいちばん楽しい街になれる。
暮らすのもいちばん楽しい街になれるはずです。

場所は、あくまで“シブヤ”ですが、
シブヤ大学のさまざまな取り組みは、
良かったことも、悪かったことも、ぜんぶ、
未来の「まちづくりのアイデア」として、
日本全国に届けていきたいと思います。

シブヤが変われば、東京が変わる。
東京が変われば、日本も変わる。
壮大ですが、そんな想いを抱いています。

ところで、
シブヤ大学には、入学試験はありません。
いつまでたっても卒業しない。
それがきっと、シブヤ大学の優等生です。

ご挨拶

人生ではじめて、学びたいと思った。
試験に合格するためじゃなく、毎日を楽しく生きるために。
新しい"何か"との出会いをきっかけに、感じたり、考えたりした結果、
その後の行動が変わっていくプロセスが学びなのだとしたら、
日常を充実したものにしていくために、新しい"何か"との出会いが欠かせない。

そんな想いをもとにはじまった『シブヤ大学』は、街を大学のキャンパスに"見立てる"ことによって、
街のヒト・モノ・コトを再発掘し編集していく、
「まちづくり」をコンセプトにした特定非営利活動法人です。
街の日常生活の中に、常に新しい"何か"と出会い続けていくための機会をつくり、
"何か"をはじめようとする"すべての人たち"の「場(=プラットフォーム)」となる活動をしています。

これらのさまざまな活動によって、最終的には街に関わる人たちの日常生活が充実し、
街全体も活性化することで、シブヤがこれからの日本社会のモデルケースの街になることを
目指していきたいと思います。

※学校教育法上で定められた正規の大学ではありません。

具体的には、以下の取り組みを行っています。

  1. 地域密着型の学びの場づくり(授業) 「シブヤでまなぶ」はこちら
  2. 参加者同士の自発的な活動のサポート(ゼミ・サークル)「シブヤであそぶ」はこちら
  3. まちづくり活動と情報共有「シブヤをつくる」はこちら

参加者 ー多様な人たちが集う、ひらかれたコミュニティー

全体的には20代、30代の社会人、そして比較的女性の参加者が多いのが参加者の特徴です。一方で、親子で参加できる授業や、海外からの留学生が参加する授業など、授業のテーマによってもその割合は異なってきます。ひとつのテーマを学ぶために多様な人たちが集まるのが授業の魅力となっています。

学生の内訳

組織 ー活動を支える多彩な人材ー

少数の事務局専任スタッフを中心に、企画やデザインなどの分野で活躍するプロフェッショナル、日ごろ様々な分野で働き多彩なスキルを持つボランティアスタッフなど、総勢約200名のチームで運営されています。基本的な活動である「授業の企画運営」は全員で取り組みながら、各テーマや案件によって、興味のあるスタッフや外部の専門家なども加えた「プロジェクトチーム」が構成されています。

コラボレーション ーセクターを超えた企業や自治体との連携ー

一つひとつの取り組みをより面白く、ダイナミックにするのが、様々な団体や企業、行政などとの連携です。授業での連携をはじめ、地域活動の活性化や、官民連携のモデルづくり、助成金を活用した「シブヤ大学モデル」のノウハウ移転など、様々な取り組みが行われています。

学生・コンサルタント・NPO・行政・起業家・研究者・フリーランス

財務

シブヤ大学は2006年の設立以来、すべての人たちに開かれた学びの場を目指し、「授業料無料」での仕組みづくりにチャレンジしています。現在は、企業連携による収入が約6割、自治体からの業務委託が約3割、個人・法人会員の方からの寄付が約1割となっています。

2014年度の収支報告

収入・支出の内訳

メディア掲載

テレビ、新聞、雑誌、WEB媒体など、多くのメディアに取り上げていただいています。掲載媒体の数だけではなく、ファッションやカルチャーから、ビジネス、行政専門誌まで幅広いジャンルの切り口で取り上げられているのが特徴です。また、書籍や論文においても、「生涯学習」や「非営利組織」「コミュニティ」といった様々なテーマで執筆いただいています。

姉妹校 ー全国に拡がる「大学」ネットワークー

「街がまるごとキャンパス」というコンセプトをはじめ、具体的な活動や組織運営など、それぞれの地域で培った運営のノウハウをお互いに共有し相互支援を行っています。また、各地域の「大学」はそれぞれが独立した法人として運営されています。

シブヤ大学 姉妹校マップ

シブヤ大学10周年特別サイト