シブヤ大学写真部

7月の活動報告

2017/9/12 UP

7月の活動は、花火撮影。
花火の撮影は難しいってイメージがありますが、コツを掴めば簡単です。

19944563_1364102893685786_9021614546490065069_o.jpg

暗いところでの撮影になるので、光が足りません。
なので、一定時間シャッターを開放しないといけません。
開放している間に動いてしまうと、ブレてしまいます。

ですので、三脚(固定するもの)は、撮影に必須になります。
また、ボタンを押すという僅かな動きでもブレてしまうので、
レリースやリモートコントロールと言った、カメラを触らずにシャッターを切る道具があるとより綺麗に撮れます。
ピントは、近くの電灯などで合わせて、固定します。

後は、花火に合わせてシャッターを切るだけ。

20170709 東京競馬場花火大会_170912_0002.jpg

19942669_1364102757019133_3603462096642354774_o.jpg

バルブ撮影と言って、押してる間だけシャッターを開いてられるので、
合成などの編集をしないでも、押してる間に何個も花火があがれば、重奏して写ります。

ホワイトバランスを変えたりすると、それぞれ個性が出ます。
見た目とは違う花火を楽しめるのが、花火撮影です。

20170709 東京競馬場花火大会_170912_0005.jpg

19956162_1364102740352468_841128606714790411_o.jpg

昔は夏の風物詩でしたが、近年は秋にも開催があります。
関東近郊でも大きなところでは、10月7日に大きな大会があります。

埼玉県鴻巣市のこうのすけ
茨城県土浦市の土浦花火大会。

待ち時間が過ごしやすいので、真夏の暑い時期より楽に見れます。
是非、花火撮影挑戦してみて下さい。

シブヤ大学写真部

シブヤ大学写真部は、「写真を撮る楽しさを知ろう」「一緒に撮る仲間と共有しよう」と、主に毎月第2日曜日を中心に活動しています。

最新の記事

カテゴリ

月別アーカイブ