プロジェクトブログ

ヒューマンライブラリー 「本」役ボランティア 募集!

「超福祉展」サテライトイベント
 NPO法人シブヤ大学 ヒューマンライブラリー
「本」役ボランティア 募集 !!

「人」を「本」に見立て、その人の物語を"読む"ことで相互理解を深める「ヒューマンライブラリー」。
2000年にデンマークではじまり、日本でも10年ほど前から開催されています。

昨年開催した「超福祉展」ヒューマンライブラリーでは、参加者の96%が「以前よりも理解が深まった」と答え、97%が「また参加したい」と答えました。
あなたも世界にたった一冊の「本」として、あなたの物語を語ってみませんか?



募集内容:
対話会「ヒューマンライブラリー」の「本」役 ボランティア。障がいのある方、難病を抱える方、LGBTQIA当事者、認知症、薬物・アルコール依存症、路上生活者、そしてそのご家族など、これまでのご自身の経験をお話しいただける方。
下記日程のうち、ご都合のよいとき1コマ〜2コマ程度。


開催日時(時間は変更になる場合があります):

◯1回目
2018年11月8日(木)
19:00〜21:00(1コマ30分・30分休憩/転換×2回)
場所:代官山 蔦屋書店 1号館2階イベントスペース(渋谷区猿楽町17-5)

◯2回目
2018年11月10日(土)
11:00〜20:00(1コマ30分・30分休憩/転換×9回)
場所:グラススクエア(渋谷区恵比寿4-20 恵比寿ガーデンプレイス グラススクエアB1)

◯3回目
2018年11月11日(日)
11:00〜18:00(1コマ30分・30分休憩/転換×7回)
場所:グラススクエア(渋谷区恵比寿4-20 恵比寿ガーデンプレイス グラススクエアB1)


集合:出演していただく時間の60分前に、現地集合していただきます。
   どのコマを担当していただくかは、応募いただいてから調整させていただきます。

謝礼:交通費としておひとり1,000円/日 を、当日お支払いさせていただきます。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

◯ヒューマンライブラリーとは?
2000年にデンマークで始まり、世界中で行なわれている取り組みで、日本では「生きている図書館」とも言われています。人を「本」に見立てて、参加者1〜3名が「読者」となり、30分間、「本」との対話を通じて相互理解を深めることを目的としています。主に冒頭の数分間は「本」役の方がテーマに沿ってお話しし、そのあとは参加者となる「読者」からの質問に答えるなど、自由に対話します。話したくないことを聞かれた場合は、無理に話す必要はありません。なお「読者」の方には、「故意に本役を傷つけない」ことが参加条件となり、これに承認した方のみが参加できます。

◯「超福祉展」とは?
NPO法人ピープルデザイン研究所が主催するイベント。マイノリティや福祉そのものに対する「意識のバリア」を超えていこうと、2013年から開催し、今年で5回目を迎えます。
※今年は11月7日(水)〜13日(火)渋谷ヒカリエ他にて開催。

◯「NPO法人シブヤ大学」とは?
2006年に設立。渋谷の街を大学のキャンパスに見立て、様々なジャンルの授業を無料で開催しています。超福祉展ではヒューマンライブラリーを担当し、今年で3回目の開催です。

●昨年度「本」役をしてくださった方々のタイトル例
「手のカタチが違ってもいいじゃない!」
「認知症介護 家族に何ができる?」
「女性から男性へ、戸籍変更までの道のり」
※出演が決まった場合、内容を相談させていただいた上、「タイトル」と「あらすじ(200文字程度)」をご用意いただきます。

●「読者」(参加者)として参加された方の声
「このような貴重な話を聞けて自分の生きる糧になった。」
「世の中には区別することが多いけど、それって本当に必要なのか?と考えさせられました。」
「自然と泣けてきた。辛い思いをしているのは、自分だけではないと思えた。」

●「本」役 (話者)として参加された方の声
「自分自身の事がもっと好きになれました。」
「自分の思いを伝えきれずに悔しいと感じた。もっと工夫しようという気持ちになれた。」
「同じ障がいを持っている人には話しますが、今回のようの人の前で話すのは初めてです。少し偏見を持たれたら...とか、はじめから偏見を持った人たちが興味本位で聞きに来るのではと、不安に思っていましたが、聞き手の人の反応を見ると私が思っていた不安がなくなりました。」

ーーーーーーーーーーーーー

ご協力いただける方は、下記の項目を明記の上、メールまたはFAXにて、NPO 法人シブヤ大学(「超福祉展」ヒューマンライブラリー担当)吉川宛にお送りくださいますようお願い致します。確認後、こちらからご連絡させていただきます。なるべくはじめての方にご参加いただき、「本」役を増やしたいという想いがあります。不安な方はぜひ説明会にお越しください。(説明会の詳細は最後に記載しております)

「本」役ボランティア 応募締切:2018年10月8日(月・祝)
MAIL:yoshikawa@shibuya-univ.net
FAX:03-3479-4288
お問い合せ先: 「超福祉展」ヒューマンライブラリー担当/NPO法人シブヤ大学 吉川
ーーーーーーー
お名前(なまえ):
メールアドレス:

お電話番号:
ご協力いただける日(第一希望〜第三希望):
ご協力いただける時間帯(◯時から◯時まで):
お話しいただけるテーマ(まずは簡単で結構です):
ご質問など:
※サポートが必要な場合は、その旨お知らせください。
※応募多数の場合、お断りさせていただく場合もございます。ご了承ください。
ーーーーーーー

【参考資料】
超福祉展 サイト(昨年のものです)→
http://www.peopledesign.or.jp/fukushi/

2017年度「ヒューマンライブラリー」レポート→
http://www.shibuya-univ.net/project/blog/2017/11/post-36.php

ーーーーーーーーーーーーー

【説明会開催します!】
「本」役を増やしたい!はじめて応募される方は是非ご参加ください。
日時:2018年10月7日(日)13:30〜15:30
場所:渋谷区役所仮庁舎第2庁舎1階保健所講堂 (渋谷区渋谷1-18-21)
講師:坪井 健 [ 日本ヒューマンライブラリー学会理事長 ]
ヒューマンライブラリーの歴史からその効果まで、日本ヒューマンライブラリー学会理事長の坪井健さんからお話しいただきます。実際に簡単なヒューマンライブラリーも体験してみます。
定員:先着30名
説明会のお申込み&お問い合わせもこちらまで
yoshikawa@shibuya-univ.net (吉川)