先生紹介

[ 日本身体文化研究所 所長 ]

矢田部 英正YATABE HIDEMASA

日本身体文化研究所主宰(被服学博士/体育学修士)
武蔵野美術大学 放送大学 講師

学生時代は体操競技を専門とし全日本選手権等に出場。
選手時代の姿勢訓練が嵩じて日本の伝統的な身体技法を研究する。
身体を軸とした物質文化研究は、椅子から服飾、建築におよび、国際日本文化研究センター研究員を経て博士号取得。
1999年より椅子の開発に着手し、デザイン、制作を手がける。
著書に『椅子と日本人のからだ 』晶文社,『たたずまいの美学~日本人の身体技法』中央公論新社,
『美しい日本の身体』筑摩新書,『からだのメソッド』バジリコ出版など。

プロフィール撮影 佐藤隆俊

※プロフィールは授業開催時の情報です。
先生のご紹介について