プロジェクトブログ

男の役割?女の役割? 〜無意識の思い込みにぞぞぞっ〜

今年度スタートした「区民協働型アイリス講座『シブヤのみんなと作るアイリス講座』」。
第一回目のmtgをこちら
でもお伝えしましたが、
現在、9月30日(土)開催予定のひとつ目のテーマ
「子どもが生まれてからも働き続けるには?」
について、メンバーで話し合いを続けています。

じつは...めちゃくちゃ苦戦しております。

今回のチームは、ほとんどがアラサーの独身女性。
このテーマを最初に聞いた時は、
「出産しても仕事続けたいよね〜^^♪」
という、軽い感じでした...。

しかし、話し合いをすればするほど、どんどんネガティブになっていく私たち。

一年ほど前、「保育園落ちた日本死ね!!!」というブログが話題になりましたが、わたしたちの周りには「子どもを育てながら働く」ということに対して、まわりの先輩をはじめ、ネガティブなニュースばかりが耳に入ってきます。
そのせいか、我々メンバーは「子育てしながら働く」ということに対して、ポジティブなイメージを持っていない、ということに気がつきました。

「本当は働きたいけど、働けないのでは...」
「でも、どうして女性ばかりがそんなことを考えているんだろう...」
「いや、"女性ばかりが考えている"というのもただの妄想なのでは...」
「そもそも男性は『子どもが生まれてからも働き続け"ない"』という選択肢が無いのでは...」
「男性も、"どうして自分ばかり働かないといけないんだ"って思っていてもおかしくないのでは...」
「本当は、男性も女性も子育てがしたいのでは...」


ためしに、近くの男性数名に聞いてみました。

「やっぱり性別によって得意なこと・不得意なことってあると思から、"女性が子育てして男性が働く"というのは賛成派」
なるほど。
「稼ぎが多い方が働けばいいのでは?でも同じ仕事でも女性の方が給料安いことが多いような気がする。なんか変だよね」
うんうん。
「そもそも、仕事と子育てを別々に考えたことが無いよ」
へええ〜〜


はい、、わたしたちは今回の議論を通して、
自分たちが勝手に作った「思い込み」に縛られている
...ということに気がつきました。(ぞぞぞっ!!!)

「あの人はこう思っているはず」
「会社はこう思っているはず」
「周りはこう思っているはず」
そして、
「男性はこうであるはず」
「女性はこうであるはず」
という「思い込み」。

そんな「思い込み」から「不安」ばかりが大きくなって、勝手なバリアを作っていました。
でも、女性にも男性にも、性別関わらず十人十色の考えがあることに気がつきました。
これは、今回の議論が無かったらわからなかったことでした。

つまり「子どもが生まれてからも働き続けるには?」を考える際に大事なのは、ほかの人の考えを知り、そして自分自身が「どうしたいか」を明確にすることではないでしょうか。
一見遠回りのように見えるかも知れませんが、これを明確にしないと、社会に流されるまま、自分の理想とする未来に向かうことが出来ない気がしました。

というわけで、9/30(土)のアイリス講座は、「子どもが生まれてからも働き続けるには?」をテーマに、自分がどうしたいのか、思い込みをとっぱらって考える授業を開催します!!

先生など、詳細はまた今度。
面白い授業になりそうです。
お楽しみに!

sIMG_5511.jpg