先生紹介

渋谷の遊び場を考える会

外遊びの意味や価値を考察し、よりよい遊び場を広く社会へ提案していくことを目的にして、1998年から活動している市民グループ。私たちは、子どもの成長には五感を使って自然とのやりとりできる環境での"外遊び"はとても大切だと考え、そのために、「渋谷にもプレーパークを!」の願いがかない、2003年に「せせらぎ冒険遊び場」、2004年に「渋谷はるのおがわプレーパーク」、2005年に「かけづか冒険遊び場(現・えびすアメリカ橋プレー)」が開園し現在に至っている。
http://harupure.net
*当日、登壇するメンバーは、入江洋子、小水映、高橋美穂子、森由美、山田実紀を予定しています。

※プロフィールは授業開催時の情報です。
先生のご紹介について