シブヤ大学

いま本当に必要な仕事ってなんだろう?

13:30-18:00
  • ケアコミュニティ・美竹の丘
  • 上田 壮一 [クリエイティブ・ディレクター、Think the Earthプロジェクトプロデューサー]、多木 陽介 [演出家、アーティスト、批評家]、西村 佳哲 [プランニング・ディレクター]
参加費
無料
定員
60名
参加対象
どなたでも。

当日の持ち物
筆記用具とノート(紙)を必ずお持ち下さい。
申し込み方法
上記受付期間中、WEBフォームより抽選予約制で申し込みを受付いたします。
※抽選後にキャンセルが発生した場合は先着順で受付再開します。
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。
【入場】教室へは、授業開始時間までに必ずお入り下さい。授業開始後の入場は制限させていただきます。なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。
【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用下さい。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。
【撮影等】会場での撮影、録音機器のお持込は固くお断りさせて頂きますので、ご了承下さい。
※1:本授業の抽選は2009年12月7日(月)に行います。(抽選予約受付は12月6日(日)24時までとなります。)
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、2009年12月17日(木)0時まで
先着順でお申し込みを受付いたします。
世界に悪い影響を及ぼす仕事はしたくないし、意味の感じられない仕事もしたくない。
自分の持っているエネルギーを、健やかに発揮したいのだけど、
ではいま本当に必要な仕事っていったいなんだろう?

今回の授業は、そんな“問い”をテーマに、
Think the Earthプロジェクト・プロデューサーの上田壮一さん、演出家でアーティストの多木陽介さん、
プランニング・ディレクターであり、働き方研究家の西村佳哲さんの3人と、共に考えるワークショップです。
昨年11月に同じ“問い”で開催した授業では、
自分自身の仕事についてや世界に必要な仕事についてなど、さまざまな視点から話が交わされました。
全員が参加する場を交えながら、3人に自分なりの“考え”を 語っていただき、
視点を増やしながら、一人ひとりが考えることの できる場になればと思っています。

働くの語源は、「傍(はた)」を「楽(らく)」にすること。
でも、その範囲も意味もぼんやりとしたまま。
そんな“問い”を、じっくり考え、自分なりの“答え”に近づくワークショップです。

主役は、全員。
自分や傍(はた)、そして世界に必要な仕事について考える5時間です。

【授業の流れ】
13:00~13:30 受付
13:30~13:45 はじめに
13:45~14:45 ワークショップ「いま本当に必要な仕事ってなんだろう?」
14:45~15:00 休憩
15:00~15:20 一人目の先生の話
15:20~15:30 「今の話をどう聞いたか」(小グループで)
15:30~15:50 二人目の先生の話
15:50~16:00 「今の話をどう聞いたか」(小グループで)
16:00~16:20 三人目の先生の話
16:00~16:20 休憩
16:20~18:00 もういちどワークショップ

(授業コーディネーター : 川村 庸子)

【注意事項】
筆記用具とノート(紙)を必ずお持ち下さい。

<ご参考>
■2008年11月8日開催「いま本当に必要な仕事ってなんだろう?」授業詳細ページへ
http://www.shibuya-univ.net/class/detail.php?id=266

先生

[ クリエイティブ・ディレクター、Think the Earthプロジェクトプロデューサー ]

上田 壮一

2000年にソーシャル・クリエイティブの拠点として株式会社スペースポートを設立。2001年に非営利団体「Think the Earth プロジェクト」を設立し、以来コミュニケーションを通じて環境や社会について考え、行動する「きっかけづくり」を続けている。Think the Earthプロジェクトで手がけた仕事として、地球時計wn-1や携帯アプリ「live earth」、写真集『百年の愚行』、書籍 『1秒の世界』、『みずものがたり』など。2011年に10周年イベント『EARTHLING 2011』を開催予定。

[ 演出家、アーティスト、批評家 ]

多木 陽介

1962年生まれ。1988年に渡伊、現在ローマ在住。演劇活動や写真を中心とした展覧会を各地で催す経験を経て、現在は多様な次元の環境(自然環境、社会環境、精神環境)においてエコロジーを進める人々を扱った研究を展開。芸術活動、文化的主題の展覧会のキュレーション及び、デザイン、講演、そして執筆と、多様な方法で、生命をすべての中心においた人間の活動の哲学を探究する。


著書に『アキッレ・カスティリオーニ − 自由の探求としてのデザイン』(AXIS)、訳書にマルコ・ベルポリーティ著『カルヴィーノの眼』、プリーモ・レーヴィ著『プリーモ・レーヴィは語る』(いずれも青土社)、アンドレア・ボッコ、ジャンフランコ・カヴァリア著『石造りのように柔軟な』(鹿島出版)などがある。

[ プランニング・ディレクター ]

西村 佳哲

1964 年東京生まれ。プランニング・ディレクター。つくる/教える /書く、三種類の仕事を手がける。代表を務める(有)リビングワールドは、情報デザインやコミュニケーション・デザインを主領域とするデザイン事務所。働き方研究家としての著書に『自分の仕事をつくる』(ちくま文庫)、『自分をいかして生きる』(バジリコ)、『自分の仕事を考える3日間Ⅰ』『みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?』(弘文堂)、『かかわり方のまなび方』(筑摩書房)がある。

教室

ケアコミュニティ・美竹の丘

渋谷1丁目の旧渋谷小学校跡地に建設された。全室個室の特別養護老人ホームを中心とし、ケアコミュニティ施設、保育園、介護予防施設などからなる複合施設。渋谷区の地域住民の文化および交流活動の中核として、既存のケアコミュニティ・美竹の丘を拡充整備した施設。多目的ホール、会議室、レクリエーションホール、集会室、クラブ室、和室などがある。

<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計となっております。安心してご来場下さい。
*スロープ、エレベーター、点字タイル設置

所在地
渋谷区渋谷1-18-9
電話:03-3486-4594
(お問い合わせは所在場所についてのみ、お願い致します。授業内容につきましては、シブヤ大学:03-3479-4285までお尋ねください。)
最寄り駅:JR山手線・東京メトロ・東急東横線・京王線渋谷駅 下車 徒歩10分
<注意事項>
ケアコミュニティ・原宿の丘ではありません。


<当日の連絡先について>
電話:070-5563-8840
(※注)
場所についてのお問合せや、やむを得ない場合の当日キャンセルのご連絡の場合のみ、おかけ頂きますよう、お願いいたします。