シブヤ大学

ジャズだって開放されたい~フリー・ジャズの魅力

14:00-16:30
  • 千駄ヶ谷社会教育館
  • SOON KIM [ 作曲家・ジャズサックス奏者]、ラズウェル 細木 [漫画家]
参加費
無料
定員
15名
参加対象
中学生以上、音楽、ジャズ、などに興味のある方。

当日の持ち物
筆記用具
申し込み方法
上記受付期間中、WEBフォームより先着予約制で申し込みを受付いたします。
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。
【入場】教室へは、授業開始時間までに必ずお入りください。授業開始後の入場は制限させていただきます。なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来かねる場合がございますのでご留意ください。
【参加】授業の途中退場はご遠慮ください。「日時」に記載しております授業時間にフルで参加できるものにお申込みください。
【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用下さい。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。
【撮影等】会場での撮影、録音機器のお持込は固くお断りさせて頂きますので、ご了承ください。
※1:定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、授業前日の10:00まで先着順でお申し込みを受付いたします。お電話、メールでのキャンセル待ちの受付はしておりませんのでご了承ください。
※2:持ち物⇒筆記用具
今回の授業は、ジャズの中でもとっつきにくいと言われている「フリー・ジャズ」を取り上げましょう!

20世紀初頭に形作られたと言われるジャズ。
アメリカの中で多様な人種と文化の中で、ディキシーランド、スィング、ビバップなど様々なスタイルを生み出してきました。
1950年代末になると、主流だったビバップ・スタイルに行き詰まりを感じていたオーネット・コールマンやジョン・コルトレーンらが、それを打開する新たなスタイルを模索し、その中から生まれた新たなスタイルが「フリー・ジャズ」と呼ばれるようになります。

フリー・ジャズは、音楽の形式・音階(キー、調)、ハーモニー(コード、コード進行)、リズム(律動)、などジャズを共有するためのある束縛から「表現の自由」を共有する音楽スタイルといえるかもしれません。

演奏者にとって開放された音楽表現は革新的でしたが、
それまである意味「ジャズ」という予定調和の中で楽しんでいた
聴衆にとってはどうだったのでしょうか?
「新しい、なにか凄いことが始まった!」というワクワクと同時に、
張り詰めた空気とともにそれまでのジャズに慣れ親しんだ人たち
にとってある種の孤立感はあったのではないでしょうか?



本授業は、オーネット・コールマンを「師匠」と呼ぶ、
作曲家・ジャズサックス奏者 のSOON KIMさんを先生にお招きし、
演奏者の立場からフリー・ジャズ
についてお話いただきます。
演奏拠点をドイツ・ベルリンに移されているSOONさんは、ベルリン
からリモートで授業に参加されます。

また、教室では漫画家でジャズについても詳しいラズウェル細木さんが漫画とともにジャズの歴史や文化、背景などお話いただきます。ベルリンのSOONさんとどのようなお話が出るのかも気になりますね!

トークのジャムセッションもたのしみです。

そもそも、即興演奏をくりひろげ自由な世界だと思われていたジャズの世界も、いろいろ制約があって生きづらい、打ち破りたいと思う人がいたり、その制約(予定調和)を大切にしている人もいたり、、
なんだか今の社会や私たちの生活を映しているようです。
授業を通じて、制約(ルール)、調和と自由について考える機会になれば嬉しいです。



【授業の流れ】(予定)
13:30  受付開始
14:00 はじめに〜(コーディネーターより)
14:35 フリー・ジャズを聴いてみよう
 ジャズの歴史とフリー・ジャズについて
 自由についてトークでジャムセッション   
16:00 ふりかえり~記念撮影
16:30 終了

※授業後10分程度、アンケートのご記入にご協力をお願いいたします。
(授業コーディネーター:佐藤隆俊)

【注意事項】
※1:中学生以上を対象にしています。
※2:持ち物 筆記具
※3:授業の内容や進行は、当日の状況によって多少変更する場合があります。

【シブヤ大学授業へご参加のみなさまへ、感染症予防および拡散防止対策へのご協力のお願い】

新型コロナウイルス感染症の発生に関し、シブヤ大学では行政機関等から示される情報やガイドラインに基づき、感染拡大の防止に最新の注意を払い、講座を実施してまいります。会場定員の50%以下での定員設定や換気、スタッフのマスク着用など防止策を行います。
ご参加くださるみなさまにおかれましても、手洗いやマスクの準備、来場前の検温など感染症防止策へのご理解とご協力いただけますようお願い申し上げます。

来場前にご自宅にて検温を行い、発熱や咳、全身痛等の症状がある場合は、必ずご来場の前に医療機関にご相談ください。
■会場では、マスクのご着用をお願いいたします。
■手洗い、消毒用アルコール使用の励行をお願いいたします。
■会場にて体調が悪くなった場合、お近くのスタッフにお声がけください。

先生

[ 作曲家・ジャズサックス奏者 ]

SOON KIM

1964 年生まれ。15 歳よりアルトサックスを始める。 高校卒業後、
ロック・ブルース・レゲエ・ジャズバンドで活動。
23 歳の時に渡米し、ニューヨークのハーレムに居住しオーネット・コールマン
のもとで ハーモロディック理論を学びハーレムのセッションを中心に活動。
その後、数々のバンドを経て自己 のバンド SOON KIM QUARTET を結成。
現在、オーネット・コールマン、ジャマラディーン・タク ーマ、カルビン・ウェストン,
またヨーロッパのアーティストや日本のアーティストと親交を深めつつ、
ニューヨーク、 ベルリン、東京でハーモロディック理論をもとにした独自の
アイデアを展開しつつ活動中。 2015年ヴァーノン・リード、カルヴィン・ウェストン、
アル・マクドーウェルらと結成した

Tower of FunkはJapan ツアーでは大好評を得、今後の活動が欧米で期待されている。そして、邦楽界の重鎮である大倉正之助プロデュースの鼓動隊とのコラボMURASAKIも好評を得ている。

https://www.SOON-kim.com/

[ 漫画家 ]

ラズウェル 細木

出身:山形県米沢市
教育学士(早稲田大学)
代表作 『酒のほそ道』、『魚心あれば食べ心』、『風流つまみ道場』、『う』
受賞:手塚治虫文化賞(2012年)

教室

千駄ヶ谷社会教育館

JR総武線千駄ヶ谷駅よりほど近く、渋谷区民のための学習や情報交換の場として活用されている教育会館。

社会教育館は、渋谷区民の方々が自主的な社会教育活動を行うために建設された。社会教育活動のお手伝いをするため、社会教育に関する情報や資料を提供したり、グループ活動の相談などに応じている。学習室(大・中・小)、和室、茶室、料理室、託児室、談話コーナー兼展示室、図書・資料室、印刷・サークル室、体育室兼音楽室 などがある。

<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計となっております。安心してご来場下さい。

所在地
渋谷区千駄ヶ谷1-6-5
電話: 03-3497-0631
※場所の確認以外でのご連絡はお控えください。
授業内容や出欠、遅刻等についてのお問い合わせ、ご連絡はシブヤ大学事務局までお願いします。

最寄り駅:JR総武線千駄ヶ谷駅 下車 徒歩7分 
地下鉄大江戸線国立競技場駅徒歩5分

<連絡先>
シブヤ大学事務局  
03-3479-4285
info@shibuya-univ.net