プロジェクトブログ

ピープルデザインワークショップ研修(職員研修)

pic_project_peopledesign2013.jpg

プロジェクト目標
障害者や社会的少数者の視点に立った行政サービスを構築するためのワークショップ

概要
渋谷区の職員研修の一環として、障害や社会的少数者に対するスティグマの克服と解消に取り組むNPO法人ピープルデザイン研究所と共同で、10年目未満の若手職員約30名を対象に5ヶ月間のワークショップ型研修を行いました。
テーマは、「障害者や社会的少数者の視点に立った行政サービスの在り方の検討」。
障害者やセクシャルマイノリティ、高齢者など、グループ毎にテーマを設定し、当事者の取材やフィールドワークを通じた課題の発見や、既存のやり方にとらわれない柔軟な解決アプローチの立案などに取り組みました。