学生特典があるお店 詳細

Monmouth Tea ~千駄ヶ谷の休憩所~

Monmouth Tea ~千駄ヶ谷の休憩所~

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-21-2
TEL:03-3478-2357
OPEN:月・金 8:00~22:00 土 8:30~20:00  日 9:00~20:00

学生特典:
モンマスティーとオーナー柏井さんとの会話で元気になれます!

■ 千駄ヶ谷の休憩所 路上にあった「道に迷ってませんか?」という看板が目に付いた。 お店の前には2つのベンチ。 気になってのぞいてみると、「これ飲んでみてください。」と試飲用の小さいカップを差し出された。 ほどよい甘さで、おいしい。 千駄ヶ谷駅を背にして千駄ヶ谷体育館を左手に道を真っ直ぐ。 鳩の森神社の五叉路にあるのが、今回訪れたモンマスティー。 お茶を出してくれたのがオーナーの柏井慶一さん。 ■ 紅茶屋をやりたい 柏井さんは、働いていた会社を辞めた後 自分で紅茶屋を始めることを決意。 “紅茶と言えばロンドン”と、イギリスへ旅立った。 しかし、実際に行ったロンドンに紅茶屋がない。 ロンドンでは、紅茶は自宅で嗜むもので、 柏井さんの求めていたようなお店がほとんどなく、途方に暮れた。 そんなとき、ロンドンに住んでいた知人との会話に出てきた 「コベントガーデンのイメージに近いんじゃない?」 という言葉を聞き、すぐ現地に飛んだ。 「そこで出会ったのが“モンマスコーヒー”というお店でした。  まさに、ここだな、と。  道に面したカウンターがあって、  お店の前の椅子に、おじさんが座って休憩したり、  そこでお客さん同士の会話が生まれていたり。  自分のイメージそのものだった。」 そのお店があった場所が、“モンマス通り”。 通りの名前にちなんでモンマスティーという店名に。 お店は、街にぽっちりあるイメージ。 日本に戻ってきて、3坪くらいの物件を探した。 「高級感があり過ぎる場所も違うし、商店街が広がる場所にあるのも違かった。  千駄ヶ谷は、アパレルの会社が集まっていて、自分のイメージに近かったんだよね。  少し時間はかかったけれど、今の物件が見つかって、  今年でオープンしてから5年目です。」 ■ お店だけでなく街そのものを盛り上げたい 「昔はさ、色々大きいこと言ってきたけれど、  今はここで一生懸命商売することだと思ってる。  より多くの人にモンマスティーを飲んでもらいたいね。」 そのために、お店だけでなく、街そのものを盛り上げないと、と 音楽好きな柏井さんは、一年に何回か千駄ヶ谷でライブを主催。 千駄ヶ谷での繋がりも、少しずつ広がってきた。 サービス精神旺盛な方。 「僕は、自分の店の自慢をするのが大好きなんだよね。」 「モンマスティーの奇跡っていうのがあるんだよ。まずは、あの野球ドラマのあのメンバー全員がうちのファン!」 「僕の誕生日に、うちのHPのアクセスが23万にもなったときがあったんだよね。」 「やー、お店をやって一番の宝は、一緒に働いているスタッフに出会えたこと!」 そうそう、お店の前にある“道に迷ってませんか?”の看板に惹かれたのだと話すと、 「ああ、この看板は"道には迷ってもいいけど、人生に迷うなよ。”って言いたくて  作ったんだよね。」と、笑った。 その台詞で、実際にお店で働きだした学生もいるのだという。 柏井さんの写真を撮らせて下さい、というと 「僕ね、それはもう、いい笑顔をするんですよ。」 と、この笑顔。 きっと、この笑顔に会いたくて、人が集まってきている。 【特典を受けたい方は】 口頭で「シブヤ大学の学生です。」とお店の人に伝えて頂くか、もしくはこのページをプリントアウトして頂き、お店へ直接ご持参ください。


取材:中里希、amiron(写真)  ※取材日:2011年3月22日【カテゴリー:千駄ヶ谷・食べる】