授業詳細

[ オープンヴィレッジ ]アートの料理人 
ザ・ミュージアムのキュレーター

日時 : 2014年9月7日(日)14:00〜16:00
教室 : Shibuya Hikarie 8F クリエイティブスペース 8/
先生 : 宮澤 政男 [ Bunkamuraザ・ミュージアム チーフキュレーター ]、クリス 智子 [ ラジオパーソナリティ、タレント ]

授業レポートをアップしました!

レポートを見る

参加費 : 無料 定員 : 80名 参加対象 : 小学生以上、どなたでも。美術展、アートのお仕事などに興味のある方。

【申し込み方法】WEBフォームより抽選予約制で申し込みを受付いたします。
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。

【入場】教室へは、授業開始時間までに必ずお入り下さい。授業開始後の入場は制限させていただきます。なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。
【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用下さい。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。
【撮影等】会場での撮影、録音機器のお持込は固くお断りさせて頂きますので、ご了承下さい。

【当日の持ち物】筆記用具

※1:本授業の抽選は8月22日(金)に行います。(抽選予約受付は8月21日(木)24時までとなります。)
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、9月5日(金)10時まで本ページで受付を再開します(先着順)。お電話、メールでのキャンセル待ちの受付はしておりませんのでご了承ください。

レポートUP

Bunkamuraがプロデュースしている6つの施設を軸に、
様々なジャンルの文化・芸術の楽しさを紹介していく全6回の授業です。
村人(誰が言い始めたのやら、Bunkamuraではスタッフのことを「村人」とよんでいます。)たちの独自目線で、
時には舞台を教室に、普段は見せない角度から皆様をご案内します。



Bunkamura25周年企画 オープンヴィレッジ



5限目に登場するのは、近代美術の流れに焦点をあてた展覧会を中心に、それまで日本で紹介されることが少なかった作家の個展や海外の著名な美術館の名品展など、テーマ性・先見性・話題性を持った展覧会を開催する、「ザ・ミュージアム」です。

ザ・ミュージアムの企画や演出のこだわりを、展覧会毎にガラッと変わる展示空間の作り方、魅力的にみえる作品展示のコツ、内装の決め方などキュレーターの宮澤政男さんを先生におむかえして学びます。

【授業の流れ】
13:45  受付開始 集合場所:渋谷ヒカリエ 8階 8/(ハチ) COURT 
14:00  はじめに~
14:05  ようこそ!Bunkamuraへ!
      ザ・ミュージアムについて
      キュレーターのお仕事
      展覧会のつくり方!
15:50  質疑応答/ふりかえり~記念撮影
16:00  終了
※授業後10分程度、アンケートのご記入にご協力をお願いいたします。
(授業コーディネーター 佐藤隆俊 )

【注意事項】
※1:小学生以上を対象にしています。
※2:授業の内容や進行は、当日の状況によって多少変更する場合があります。



本授業は、シブヤ大学とBunkamuraとのコラボレーション企画から生まれました。




今年で25 周年を迎えるBunkamura は、音楽、舞台、美術、映画の各施設に加え、
カフェやアート関連ショップを併せ持つ日本初の大型複合文化施設として1989 年に誕生しました。
また、2011 年からは東急シアターオーブ、セルリアンタワー能楽堂の運営も行っています。

 

宮澤 政男Bunkamuraザ・ミュージアム チーフキュレーター

1981年東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業。
1986年学習院大学大学院博士前期課程人文科学専攻 (西洋美術史) を修了後、 1984 年より 1 年間ベルギー政府給費留学生としてブリュッセル自由大学に留学。
Darlene Art Transport社 (ベルギー) 勤務、ベルギー王立美術歴史博物館及びInstitute Marie – Haps (ブリュッセル) での日本語講座、フリーランスの美術コーディネーター・通訳・翻訳などを経て、Bunkamuraザ・ミュージアムの学芸員および明治大学非常勤講師 (西洋美術史) として活躍中。
主な著書にフェルナン・クノップフ特集 『世紀末のナルシスティック・スフィンクス』、フェルナン・クノップフ 『静けさを求めて』(共著)、 『ベルギー美術随想―交差する都市と人びとの心象風景』 などがある。
ベルギーのアール・ヌーヴォー研究でも知られており、学会での論文発表 ( 『ヴィクトール・オルタと光の関係』 日仏美術学会第 35 回例会) などがある。

クリス 智子ラジオパーソナリティ、タレント

1971年5月1日生 ハワイ生まれ 横浜育ち
1994年 上智大学比較文化学部卒業
趣味:インテリア、アート、愛犬、運転、ものづくり

アメリカ人の父と日本人の母を持つ。幼少期より、京都、ハワイ、フィラデルフィアで過ごし、8歳より横浜で育つ。大学卒業と同時に、東京のFM局J-WAVEでのラジオパーソナリティをはじめとする活動を開始。近年では同局、平日朝のワイドプログラム「BOOM TOWN 」を10年つとめ、旺盛な好奇心でリスナーとのコミュニケーションを愛し、爽やかな語り口調、明るく快活なトークやインタビューには定評がある。
現在は、TVナレーション、CM ナレーション、執筆など、幅広く活躍中。J-WAVEでは「atelier nova」(毎週土曜日12:00~15:00)と共に2014年4月より新番組「CREADIO」(毎週日曜日21:00~21:55)が始まる。
好奇心、言葉、時、人を大切に、モットーは、気力体力表現力。

今回の教室 :
「Shibuya Hikarie 8F クリエイティブスペース 8/」

東京都渋谷区渋谷2・21・1・8F
電話:03-5468-5892
※場所の確認以外でのご連絡はお控えください。
授業内容や出欠、遅刻等についてのお問い合わせ、ご連絡はシブヤ大学事務局までお願いします。

最寄駅:東急田園都市線、東京メトロ副都心線「渋谷駅」15番出口直結。東急東横線、JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」と2F連絡通路で直結。

<連絡先>
シブヤ大学事務局  
03-3479-4285(10:00〜18:00)
070-5563-8840(授業当日のみ)
info@shibuya-univ.net

2012年4月26日に渋谷駅前に新しく開業した複合タワー『Shibuya Hikarie』の8Fにあるクリエイティブスペース「8/(はち)」。そのフロアの中心に位置するコミュニティスペース「コート」は、グリーンカーペットが印象的な、気持ちのよい空間です。作り手と使い手、個人と社会、地域と東京など、この場所を通じて世界とのつながりをつくるための広場です。