授業詳細

[ 情報 ]受け取るだけじゃない、ガーデンジャーナリズムにみる情報との接し方。

日時 : 2018年3月17日(土)14:00〜16:00
教室 : 幡ヶ谷社会教育館
先生 : 伊藤 僑 [ フリーランスライター/編集者 ]

授業レポートをアップしました!

レポートを見る

参加費 : 無料 定員 : 20名 参加対象 : どなたでも

【申し込み方法】上記受付期間中、WEBフォームより抽選予約制で申し込みを受付いたします。
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。

【入場】教室へは、授業開始時間までに必ずお入りください。授業開始後の入場は制限させていただきます。なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来かねる場合がございますのでご留意ください。
【参加】授業の途中退場はご遠慮ください。「日時」に記載しております授業時間にフルで参加できるものにお申込みください。
【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用下さい。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。
【撮影等】会場での撮影、録音機器のお持込は固くお断りさせて頂きますので、ご了承ください。

【当日の持ち物】筆記用具

※1:本授業の抽選は2018年3月7日(水)に行います。 (抽選予約受付は3月6日(火)24時までとなります。) 
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、2018年3月16日(金)10時まで先着順でお申し込みを受付いたします。お電話、メールでのキャンセル待ちの受付はしておりませんのでご了承ください。

レポートUP

日々、newsなどの情報を何から得ていますか。
ニュースサイト、テレビ、SNS、スマホアプリ?

日々、新しい言葉やトピックスは増えるにつれて、フェイクニュース、デマ、偏向気味の報道なども目に付きます。
『人間はみな自分の見たいものしか見ようとしない』という言葉をカエサルは残しました。
現代でも当てはまる場面がありそうです。

今回の授業ではまず、情報を見極めるコツや気をつけた方が良いポイントなどを、数々の出版やメディアの編集にたずさわる著述家の伊藤さんから世の中に出る情報の流れや特徴、ソーシャルメディアの現状などを伺い、皆さんと一緒に考えていこうと思います。

後半には大きなメディアでなくても発信できる手段が増えてきたいま、目立つニュースに隠れがちな社会問題等に対する活動をされている方々の情報発信と、そこに参加出来る仕組みを作った『良いことをしている人達に、発信力を授けるプロジェクト GARDEN Jounalism』を参考に発信する立場として考えてみようと思います。



【授業のながれ】(予定)
13:45 受付開始
14:00 授業開始&講師紹介
      現在のメディア、ソーシャルメディアについてなど
14:50 休憩
15:00 グループワークを交えて情報を発信すること、ガーデンについてなど
15:50 クロージング、記念撮影
16:00 終了

※終了後10分程度、アンケートのご記入にご協力をお願いいたします。
(授業コーディネーター:高橋正)

伊藤 僑フリーランスライター/編集者

IT、ネットワーク、デジタルガジェット、ライフスタイル関連を中心に執筆活動を行う。最新情報知識辞典イミダスでは1999年より「ネットセキュリティ」を担当。著書に「ビジネスマンの今さら聞けないネットセキュリティ」(ダイヤモンド社)、「奇跡のリフォーム術」(祥伝社NONブック)がある。約7年間の在宅介護経験を活かし、現在は介護問題にも取り組む。

今回の教室 :
「幡ヶ谷社会教育館」

渋谷区幡ヶ谷2-50-2
電話:03-3376-1541
(お問い合わせは所在場所についてのみ、お願い致します。授業内容や出欠、遅刻等についてのお問い合わせ、ご連絡はシブヤ大学事務局 までお願いします。)
最寄り駅:京王新線幡ヶ谷駅北口下車 徒歩5分
渋谷駅始発の都バス阿佐ヶ谷駅行(15番のりば/渋66系統)・「幡ヶ谷」下車徒歩5分
渋谷駅始発のコミュニティバス(ハチ公バス)・「6号通り」下車すぐ


<連絡先>
シブヤ大学事務局  
03-3479-4285(10:00〜18:00)
070-5563-8840(授業当日のみ)
info@shibuya-univ.net

1973年設立の区民の自主的な学習・文化活動の場を提供するための施設。地下1階、地上4階建てで、学習室・料理室・和室・音楽室などがある。シブヤ大学の他にも学習・文化活動のきっかけ作りのために「講座・教室」を開催しています。


<バリアフリーに関して>
建物玄関口からのスロープ、館内エレベーターなどは設置しておりますが、点字タイルはございません。目が不自由な方は、事前にシブヤ大学事務局までご連絡いただくか、当日シブヤ大学スタッフまでお声がけ下さい。