シブヤ大学

大人のための“性”教育 ~エイズ/HIV編~

13:00-14:30
  • ケアコミュニティ・原宿の丘
  • 青木 美由紀 [NPO法人シェア=国際保健協力市民の会スタッフ]、石川 涼 [㈱せーの代表]、藤田 志穂 [シホ(有)G-Revo代表]、赤枝 恒雄 [赤枝六本木診療所産婦人科 医師]
参加費
無料
定員
50名
参加対象
HIVについて知りたい方、興味がある方

当日の持ち物
筆記用具をご持参ください。
申し込み方法
上記受付期間中、WEBフォームより抽選予約制で申し込みを受付いたします。
※抽選後にキャンセルが発生した場合は先着順で受付再開します。
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。           
【入場】教室へは、授業開始時間までに必ずお入り下さい。授業開始後の入場は制限させていただきます。なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。
【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用下さい。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。
【撮影等】会場への撮影、録音機器のお持込は固くお断りさせて頂きますので、ご了承下さい。
※1:本授業の抽選は4月7日(月)に行います。(抽選予約受付は4月6日(日)24時までとなります。)
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、4月17(木)0時まで先着順でお申し込みを
受付いたします。 
『エイズ』と聞くと、ついアフリカの地で起こっている遠い出来事だと思ってしまいます。でも、現代の日本でも年々感染者が増えているんです。その数、12,340人(2006年12月現在)。その数字は、例えば新宿の雑踏の中、9分に1回の確率でHIV感染者にすれ違っているほどの人数になります。

先生は、東ティモールやアフリカを飛び回り、エイズ教育の支援をしている青木美由紀先生。各国の現状を目の当たりにしてきた青木先生は「日本でも同じ状況が起こっている」と言います。

今回の授業では、海外、そして日本のエイズの状況から「どうしたら感染するの?」「結婚や出産はできるの?」など、『エイズ/HIV』に関する基本的なことまでをクイズの形式を交えて学んでいきます。私たちは、イメージだけが先行し、正確な知識をほとんど知りません。そもそも「エイズとHIVとは何が違うのか?」とそんなことさえ知らなかったりします。

授業の後半では、今回の授業コーディネーターである109の有名ブランド『Vanquish』を手掛けた石川涼先生を司会に、そのご友人であるギャル社長・藤田志穂先生を交えた三人の対談を行います。講義を踏まえて、コーディネーターのお二人が生徒代表として青木先生にお話を伺います。授業後には、希望者先着30名の方に『無料HIV検査』を行います。

自分の体のことは、自分の体を使って学ぶ。
もう子どもではない、大人のための性教育の授業です。

【授業の流れ】
13:00~14:00 青木美由紀先生講義
14:00~14:30 青木美由紀先生、石川涼先生、藤田志穂先生対談&質疑応答
14:30~16:30 赤枝恒雄先生による無料HIV検査

【注意事項】

無料HIV検査は、希望者<先着30名>のみの実施です。別室に移動し、お一人ずつ検査を行い、15分後に結果が出ます。結果は、用紙に記入したものを封筒に入れて手渡します。

検査をご希望の方は、抽選結果通知のメールが送られた後、当選者の方々に事務局から改めてお送りする、「検査参加希望アンケートメール」に返信いただき、当日は早めに起こし下さい。先着順に整理券をお渡し致します。希望者全員の方に検査を受けて頂くことはできませんので予めご了承下さい。



『大人のための“性”教育 ~エイズ/HIV編~』は、シブヤ大学と『VANQUISH リボンプロジェクト~わたしたちが少しでも世界のために役立てること』とのコラボレーションによる授業です。
渋谷109-2で「お兄系」トップブランドとして10代~20代の若者たちから絶大な支持を集める「VANQUISH(ヴァンキッシュ)」などのブランドを展開する『株式会社せーの』による社会貢献プロジェクト。「エイズ/HIV」「エコ・地球温暖化」「地雷・不発弾除去」に関する活動をしているNPO法人(特定非営利活動法人)に、Tシャツなどのプロジェクト商品の利益の一部(10%)を寄付し、活動をサポートします。

先生

[ NPO法人シェア=国際保健協力市民の会スタッフ ]

青木 美由紀

宮城県石巻市生まれ。20歳のときにメキシコの小さな港町で路上で生活する子どもと出会い、世界の格差を目の当たりにした時から、国際協力を目指す。NYで国際教育開発を学びながら、NGOのユーススペシャリストとしてストリートチルドレンのアウトリーチプログラムに携わる。日本に戻り、企業勤務を経て、2000年よりシェアで東ティモールの保健プロジェクトに従事。2005年8月から2007年4月まで南アフリカ・リンポポ州に駐在し、HIV/AIDSプロジェクトに携わる。現在は、東京を拠点にアフリカでの経験をさまざまな形で発信している。

[ ㈱せーの代表 ]

石川 涼

1975年生まれ。神奈川出身静岡育ち。20歳のときに上京。アパレル業界に入り、実務での実績を4年間積んだ後に独立。24歳でアパレルブランドを立ち上げ起業。10代~20代の男性に大人気のブランドを数々手がける。渋谷109メンズフロア等で圧倒的な人気を誇るファッションブランド“VANQUISH”の創設者であり、衣料品及び雑貨の卸売・販売(ネット通販事業、直営店事業)、店舗開発事業、メディア開発事業、ライセンス事業等多岐にわたるビジネスを展開する株式会社せーの代表取締役。社長業の傍ら、ネット番組レギュラー出演、雑誌連載等もこなす。

[ シホ(有)G-Revo代表 ]

藤田 志穂

2005年1月にギャルの悪いイメージや偏見をなくしたい、ギャルでも出来るという事を証明する為「ギャル革命」をコンセプトに掲げ活動を始める。ギャルならではの切り口で語る世の中への想いや、自分の夢などを綴るブログ「ギャルの革命」が月間最高200万PVを超え、そのブログの中で起業する事を目標に決め、多くの共感者や読者に支えられ19才でシホ有限会社G-Revoを設立。ギャルに特化したマーケティング事業を行い様々な商品・サービスを世の中に提供しながら、「若者からイケてるECOをハッシン」の基本コンセプトに「EMERALD DRIVE(エメラルド ドライブ)というECO活動にも力を入れている。2010年に「将来の夢や目標の選択肢を広げられる学校」<カフェテリアスクール>を設立するため現在奮闘中!

[ 赤枝六本木診療所産婦人科 医師 ]

赤枝 恒雄

1944年徳島県生まれ。68年、東京医科大学卒業。77年、東京都港区に赤枝六本木診療所開業。同年、医学博士号授与。91年、財団法人赤枝医学研究財団設立。99年、街角無料相談室開設。00年、バングラデシュ母子保健病院(ICMH)ダッカ内に赤枝桶谷乳房管理センターを設立。02年、エイズ街角無料検診開始。04年、性教育ピアエデュケーター養成講座「グループ月曜日の朝」設立。思春期の子ども達から性感染症や望まない妊娠を防ぐガールズガード運動を展開中。

教室

ケアコミュニティ・原宿の丘

渋谷区が旧原宿中学校の校舎を改修し、幼児から高齢者、障がい者まで、地域で生活するすべての人々が集い、支え合える地域コミュニティの拠点施設として設立。グラウンド・体育館や音楽室などは当時の雰囲気を極力残し、屋上にあったプールはビオトープとして活用するなど、旧中学校校舎という建物の独自性を残している。1・2階はケアコミュニティ施設、3階は教室をリフォームし、会議室などで地域の人々が利用している。

<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計となっております。安心してご来場下さい。
*スロープ、エレベーター、点字タイル設置

所在地
渋谷区神宮前3-12-8
電話:03-3423-8815
(お問い合わせは所在場所についてのみ、お願い致します。授業内容につきましては、シブヤ大学:03-3479-4285までお尋ねください。)

最寄り駅:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅 下車 徒歩7分
<注意事項>
ケアコミュニティ・美竹の丘ではありません。


<連絡先>
シブヤ大学事務局  
03-3479-4285(10:00〜18:00)
070-5563-8840(授業当日のみ)
info@shibuya-univ.net