シブヤ大学

【オンライン開催】
社会とつながる、新たな"じぶん"を見つけよう 〜現在地をたしかめる〜

10:00-12:00
  • エリクセン 恵 [ファシリテーター]
参加費
無料
定員
20名
参加対象
どなたでも。特に、リフレクション(内省)のプロセスを体感したい方、すこし立ち止まって「静けさ」や「余白」を感じる時間を日常に取り入れてみたい方などにおすすめです。

当日の持ち物
筆記用具、ノート、PC(タブレット・スマートフォン)、イヤホン(推奨)
申し込み方法
抽選
抽選結果は9/18(金)までにお送りいたします。
上記受付期間中、WEBフォームより抽選制で申し込みを受付いたします。
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みすることはできません。
【参加】授業の途中退場はご遠慮ください。「日時」に記載しております授業時間にフルで参加できるものにお申込みください。
※1:この授業はオンラインで行います。事前にZoomのインストールをお願いします。(使い方はこちら
※2:お電話、メールでのキャンセル待ちの受付はしておりませんのでご了承ください。
※3:後日、申込みいただいた方に当日視聴していただくためのZoomのURLをお送りします。授業前日になってもメールが届かない場合は、info@shibuya-univ.netまでお問い合わせください。
忙しく過ぎていく日々の中で、どこか自分をだましながらも違和感を飲み込んでみたり、日々を消費しているように感じてしまう時などないでしょうか。
不安定な社会の状況やニュースはどんどん入ってくる一方で、気づいたことや発見があっても見過ごしてしまったり、些細な気づきがぽろぽろと落ちていく感覚があったりする人もいるんじゃないかなと思います。

"じぶん"のためだけの時間を取ることって意外と難しい。
手を伸ばせばすぐに情報が手に入る一方で、本当に必要なこと以外を手放すには?
外からの刺激には敏感な一方で、自身の変化には鈍感になっている?

この授業を企画したきっかけは、なにより私自身のそういった問題意識からです。

今回はアメリカ西海岸シアトルを拠点に活動されているエリクセン恵さんをファシリテーターとしてお迎えし、「いまの気持ち」にフォーカスを当てた時間をつくります。



恵さんはシアトルでリーダーシップ教育を専門としたiLEAPをはじめ、個人ではパーソナルコーチングや、セルフサステイナビリティ(セルフケアをして、自分を維持可能にすること)をテーマにしたワークショップを行っています。

授業内では、ペンとノートを手元に置いて、自由に感じたことを書くワーク(free writing)や本質的な問いを立てて思考を深めていく作業(Journaling)を通じて、参加者ひとりひとりが自分自身へ問いかけたり、互いに丁寧にシェアすることから生まれる気づきを大切にしたいと思っています。
今回は特に、自身が大切にしている「価値」とはなにか?ということに重きをおいた時間になる予定です。



リフレクション(内省)のプロセスを体感したい方、すこし立ち止まって「静けさ」や「余白」を感じる時間を日常に取り入れてみたい方などにご参加いただけると嬉しいです。

自分へ問いかけ、まわりの声を聞く中で、現在地を確認したり、これからのあり方に思いをめぐらせてみませんか?

(授業コーディネーター:深澤まどか)


※参加型の授業のため、Zoomのカメラをオンにして積極的にご参加いただける方のお申込みをお願いします。
※授業の内容は、当日の状況によって多少変更する場合があります。


先生

[ ファシリテーター ]

エリクセン 恵

個人が持つ内側の豊かさを社会への変化に繋げることがミッション。リーダーシップ教育を専門としたiLEAPをはじめ、日本とアメリカの人材育成分野で約20年間、個人の成長を醸成する環境づくりに取り組んできた。過去400名以上の個別セッションを実施。iLEAP以外ではパーソナルコーチングや、セルフサステイナビリティ(セルフケアをして、自分を維持可能にすること)をテーマにしたワークショップを行う。
現在iLEAPマネージングディレクター。バーモント州の大学院SITで国際教育修士号取得。PYE Global Art of Facilitation修了。特技は聴く、待つ、育てること。東京の多摩地域で育ち、現在はアメリカのシアトル在住。一児の母。最近夢中なことは瞑想と観葉植物集め。