授業レポート

2017/6/17 UP

\シブヤで仲間と週1部活/
 ショークワイア「シブヤglee部!」
《第2期 メンバー募集!》

今回はシブヤ大学のゼミ・サークルである、
「シブヤgree部!」第2期メンバー募集にあたってのレッスン体験授業です。


教室は渋谷のダンススタジオ「studio Mission」で行いました。

明るくて広い一面鏡張りの慣れない教室にタジタジ・・・
私を含め、みなさん少し緊張されているように感じました。


授業冒頭、参加者全員で円陣を組み、ニックネームで自己紹介をして、
「シブヤ~gree~~部!!!」と掛け声をかけ授業がスタート。


授業コーディネーターから
「この掛け声で別の人格になりましょう!」とありましたが、
恥ずかしがり屋の日本人にはなかなか・・と思いつつも、
不思議と緊張していた気持ちが少し和らぎました。





講師の先生は、歌唱指導の水帆先生、ダンス指導の小川麻紀子先生です。
お二方ともお会いしたその瞬間から伝わってくるHAPPYで明るいパワー!!


ダンスのレッスンでは、ストレッチや、腰や首を回したり、リズムを取ってステップを踏みました。
先生についていこうと必死な私は意気込みすぎてさぞ怖い顔になっていたことでしょう・・・

麻紀子先生が
「70%の力でやってみよう!」とおっしゃられた時、
自分がどれだけ固くリズムを刻んでいたかが分かりました。



100%の力の動きから、70%の動きでステップを踏むと、
余裕が生まれ、自然体で気持ち良く曲にのれているのがわかりました。

音を楽しみながら体を動かすことで、
初めて”ダンス“になるような気がしました。



そして、歌のレッスンに入ります。

発声練習から課題曲の練習へと移ります。
Pharrell WilliamsのHAPPYという曲でした。

え、英語・・・!!!

普段カラオケでもサビ部分だけでも英語があると、
なんとなく勢いで乗り切るしかないほど英語の歌詞が苦手な私はヒヤヒヤでした。

まず、音程をつけずに英語の歌詞をリズムで区切って読む練習を何度か繰り返し、
次は音程を付けて繰り返しました。


あれ!?
英語の歌詞が苦手な私がなんとすらすらと英語の歌詞が歌えているではありませんか!?

英語をリズムで区切ってしっかりと発音することで、
こんなにも歌いやすくなるなんて、本当に驚きでした。



水帆先生は黒人のシンガーの歌い方の癖など歌い分けをしてくださり、
おもしろおかしく尚且つわかりやすく教えてくださいました。

教室にも笑いも起き、徐々に緊張が解けていきました。


そして、いざ歌いながらダンス!

2つ合わさると、全くできない!!(笑)
みんな笑いが起こってしまうくらいでした。
歌いながら踊ることは初めての経験でしたが、こんなに難しい事とは・・・!

歌とダンスの2つを100%がむしゃらにやるのではなく、
70%の力で音楽を楽しみながら踊れるようになるにはものすごく遠い道のりだと思います。
しかし、これが出来たらものすごく楽しいだろうと感じました。


最後には打ち解けて周りの方と話しながら、
みなさん晴れ晴れとしたお顔で帰られる方が多くいらっしゃいました。



授業初めの緊張の顔つきとは別人の様でした。
現代のストレスを貯めやすい日本人だからこそ自分を解放する時間が大切で、
その力が歌とダンスにあると感じました。

人をHAPPYにする、歌とダンスの力を改めて感じる2時間半でした。
シブヤgree部! 2期生のフレッシュなスタートに立ち会うことができ、とても貴重な時間となりました。


パワフルでHAPPYな先生方とこれから入部する皆さんの化学反応で、
ここからどのようなショーを見せてくれるのか、

今後のシブヤgree部!、乞うご期待!!!!!




(レポート:本間さゆり / 写真:吉川真以)