授業レポート

2019/7/3 UP

ジャイロキネシスってなに?
~負担をかけない身体づくり~


みなさん、「ジャイロキネシス」 というエクササイズを知っていますか?


ジャイロキネシスとは、元バレ エダンサーが自身の怪我の克服や身 体能力向上のために行ったもので、 螺旋的な(ジャイロ)動き(キネシ ス)が特徴です。

流れるように、滑らかに身体を動 かしながら、「カール(息を口から 吐く)」と「アーチ(息を鼻から吸 う)」を意識して行います。


カールを行う際には尾骨からつむじまでを 背骨だとイメージしながら上下に引 っ張り合って身体を丸くし、アーチを行う際には逆に、伸びをするように身体を反らせていきます。

また、ここで一つポイントになるのが「シ ードセンター」という、おへそから5㎝の下腹部の使い方で、この部分の呼吸による動きも意識していきま す。


実際にやってみると、はじめは先生の動きについていくので必死でしたが、段々と自分の身体の動きにしっかりと意識がいくようになり、普段 行わない動きによる身体の反応を敏 感に感じることができました。

マッ トに仰向けに寝て、シードセンターを意識しながら複式呼吸を繰り返しながら背骨を床に対して真っ直ぐに している際には、思わず眠気が襲ってきてしまいました。

それくらいリラックスして、ジャイロの動きを行うことができたのでしょう。


このジャイロキネシスは座って行えるということも特徴の一つに挙げられます。
滑らかでゆったりとした動きの繰り返しなので、デスクワークや勉強の合間の休憩時間に手軽に行うことができます。

凝り固まった身体をほぐしながら呼吸を意識的に行うことで、リラックス効果を得られます。
そして、椅子一脚を使って できる動きから始められるので、日常の生活に簡単に取り入れることができます。



あっという間に一時間のジャイロ の動きが終了してしまいました。
終始汗をぬぐいながら、穏やかな音楽 と共に身体全体を動かし、土曜の朝 からとても素晴らしい体験をするこ とができました。


決して激しい動きではないので、じんわりと汗をかき、終えた際にとてもさわやかな気分になることができます。


皆さんも ぜひ、日常にジャイロキネシスの動きを取り入れてみてはいかがでしょ うか。



レポート:堀部奈々