街の先生募集

シブヤ大学では、
誰もが"学生"になることができ、
そして"先生"にも挑戦できます。

社会に出ても、いくつになっても、もっと気軽に学んだりチャレンジしたりできれば、もっともっと自分らしく豊かに暮らせるのでは?そんな想いから、私たちは渋谷のまちを舞台に、誰もが無料で学べる場をつくっています。

また、シブヤ大学の授業は、人に何かを教える仕事をしている人が一方的に教える場ではなく、老若男女さまざまな人たちが「教える」と「教わる」を自由に行き来できる学びの場でありたいと思っています。

講師やインストラクターのご経験がない方こそ大歓迎!
ご自身の経験や特技を活かして、「はじめての授業」をシブヤ大学で一緒につくってみませんか?

授業づくりの進め方

わたしたちの授業は、「どんな?」より「なんで?」を、「答え」より「問い」を、「教えたい」より「学びたい」を、大事にしたいと考えています。そのために、シブヤ大学のスタッフである授業コーディネーターが"ひとりめの学生"となり、彼/彼女たちの学び手としての動機を起点に、教え手である"先生"と二人三脚で授業をつくっています。ありものの”講座/ワークショップ企画”をそのまま行うことはありません。

授業づくりの流れは、以下のようになります。

1 以下の【応募条件】【応募方法】をご覧いただき、所定のフォームよりご応募ください。
2 ご応募いただいた内容をスタッフで拝見し、一緒に授業をつくってみたい授業コーディネーターから挙手があれば、ご応募から1ヶ月以内にご連絡いたします。
3 面談の日程を調整し、授業日程や実現可否を含めて、授業企画を打ち合わせさせていただきます。

応募条件

渋谷区に住んでいる方、渋谷区で働いている・活動している方で、シブヤ大学の主旨にご賛同いただける方。
※詳しくは「シブヤ大学とは」をご覧ください。

※授業は基本ボランティアで行っていただいています。(当日の交通費程度をご用意いたします。)
※法人・団体さまの課題解決を目的とするものは、こちらからご相談ください。

応募方法

"ひとりめの学生"となるシブヤ大学の授業コーディネーターたちに向けて、皆さんの授業の"種"を、以下のフォームよりご応募ください。

街の先生に応募する

※"授業コーディネーター"にご興味の方は、スタッフにご応募ください。