学生特典があるお店 詳細

【青参道】Juana de Arco(ホォアナ デ アルコ) ~女の子のカラフルな毎日を彩る、ランジェリーショップ~

【青参道】Juana de Arco(ホォアナ デ アルコ) ~女の子のカラフルな毎日を彩る、ランジェリーショップ~

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-1-14 2F
TEL:03-5766-8520
OPEN: 12:00−20:00(不定休、年末年始を除く)

学生特典:
青参道の 水金地火木土天冥海 / soup of he(r)art/SERGE THORAVAL Bazar et Garde-Manger / Juana de Arco / 山本 斐沙さん で、スタッフの方から6文字のキーワードを集めたら、 5店舗中好きなお店でちょっとしたものをプレゼントしてもらえます!!

■ クマネズミのぬいぐるみが目印の下着屋さん Juana de Arco(ホォアナ デ アルコ)は、クマネズミのぬいぐるみが目印の下着屋さん。 一見、水着のようなカラフルな下着を中心に、ホームウェアやキャミソールがそろっています。 すべて一点もので手作りだという下着はそれぞれがとても個性的なのに、打ち消し合う事無く とても落ち着く空間を作っています。 隊長なかざとを筆頭に、あみろん、よーこ、はなわでぞろぞろ来店。 インタビュー&文章は、はなわが担当しています! 取材に応じてくださったのは、平向成美(ひらむきなるみ)さん。 可愛らしい笑顔と柔らかな物腰、しっかりした意思をもった素敵な女性でした。 ■ 下着は内面のドレスアップだし、女性のスパイス ーー働きはじめたきっかけや、やりがいを教えてください。 「学生の頃から、下着屋さんになりたいなって思っていました。 下着って、内面のドレスアップだし、女性にとってのスパイスみたいなものだと思っていて。 ラフォーレで初めてホアナを見たのが出会い。 他には無いデザインと、締め付けないつくりが好きで、販売員になりました。 かわいいものを見つけてきて、誰かに紹介したり共感してもらったりするのが好きなので、 お客さんと仲良くなったり、ブログの感想聞かせてもらったりするときにやりがいを感じます。」 ■ どこにあっても、ホアナは、ホアナ。 ーー商品やお店について教えてください。 「商品は、各国から配達されて来るまで どういうものが来るかわからないんですが、そういうゆるさも好きですね。 箱を開けるときに、とってもわくわくします。 ホアナの始まりも、デザイナーが着たい物をつくるっていうもので。 以前は下着だけをつくっていたのですが、 デザイナーのライフスタイルや、コレクションの発表に合わせて 年々ヨガウェアやでコレクションライン(お洋服)も充実してきました。 新宿や渋谷にもお店があるんですが、(銀座に現在店舗はございません) 土地に合わせて商品を変えたりはしていません。 ホアナはどこにあっても、ハデハデ。独自の空間を作り出してしまうんです。 ここのお店はもともと、普通のお部屋を改装したもの。 壁はスタッフの手塗り、フィッティングルームも手作りの小屋。 ラグマットやぬいぐるみは、下着をつくって、そのハギレを再利用しているものなんですよ。」 ■ 誰がどう思うかって気にせずに、完全に自己満足で着てほしい ーーお客様にひとことお願いします。 「お客様には、誰がどう思うかって気にせずに、完全に自己満足で、楽しんで着てほしいです。 来てくださるお客さんは色んな方がいらっしゃいますが、自分をしっかりもっていて、 遊び心や余裕のある大人の女性が多い印象がありますね。 下着は上下バラバラに売っているので、 どんな組み合わせにしようか、楽しみながらお買い物してほしいと思います。」 取材後、オシャレな友達の部屋に遊びに行った後ような気分で帰路につきました。 ひとつひとつが作品のような下着はもちろん、 フレンドリーで話しやすいスタッフの皆さん、 手作り感あふれる内装、流行に迎合しないお店のコンセプトもとても素敵でした。 たとえば、仕事でアウターの自由が利かない方も、 下着は自分の好きな物をつけていたら、気分もハッピーになれるはず。 毎日を自分らしく楽しみたい方におすすめです。 平向さんが更新していらっしゃるブログも、是非のぞいてみてください! 【特典を受けたい方は】 口頭で「シブヤ大学の学生です。」とお店の人に伝えて頂くか、もしくはこのページをプリントアウトして頂き、お店へ直接ご持参ください。


取材:花輪むつ美、amiron(写真)  ※取材日:2011年9月25日【カテゴリー:青参道・観る・買う・遊ぶ】