学生特典があるお店 詳細

ゑびすむすび〜体にも心にも優しい、にぎりたておむすび〜

ゑびすむすび〜体にも心にも優しい、にぎりたておむすび〜

住所:渋谷区恵比寿南1-2-8雨宮ビル1F
TEL&FAX:03-3760-5783
営業時間:平日7:30〜21:00、土・祝日10:00〜19:00
定休日:日

学生特典:
お好みの具を持参した方に、その具で特別におにぎりをにぎってくれます!
(110円〜アレンジ次第) 週替わりメニューに採用されることもあるかも?

本日、萌とせっきーは、恵比寿駅から5分ほど歩いたところにある「ゑびすむすび」にやってきました! お店を教えてくれたのは恵比寿キャンパス校長の小倉さん! 9月の恵比寿キャンパスの文化祭では、おむすびを提供してもらいます。 実はゑびすむすび、恵比寿にお店を構えてまだ3ヶ月。 小さいけれど、木のぬくもりあふれる明るいお店です。 迎えて下さったのは、笑顔のさわやかな店長の大村さん! おむすび屋さん歴はまだ浅いものの、お店への熱い思いは人一倍、 毎日店頭に立っておむすびを握っています。 お店には雑穀や玄米でも握ってもらえるおむすび、 手づくりのお総菜もあり、健康志向の恵比寿の人たちにぴったりです! 体にいいだけじゃなく、おいしさへのこだわりもすごいんです。 白米は老舗米穀店「伊勢五」のお米マイスターさんが、 ゑびすむすびのために季節に合わせてブレンドしてくれるものを使用、 大粒のお米はおむすびをふっくらと仕上げてくれます! 野菜はナチュラルハーモニーから取り寄せた有機減農薬のものを使用。 大村店長が味噌専門店を回って選び抜いた高山味噌をつかった美味しいお味噌汁も、 おむすびのお供にかかせません! そして、こんにゃく米をつかったおむすびには、おもしろい仕組みがあります! それは、NPO法人のメタボランティアとコラボレーションしたこのおむすび。 こんにゃくを使うことでカットされた40%のカロリーを4円(バングラディッシュの給食一食分)と換算して、 おむすびを1つ買うことで、バングラディッシュの子ども達に一食分の給食が寄付される仕組みになっています! 食べて奇麗になれるだけではなく、ちょっと心も満たされる素敵なおむすびです。 詳細はコチラ そんなこだわりのおむすびを、注文を受けてからスタッフがひとつひとつ心を込めて握ってくれます! とはいえ、まだオープンして3ヶ月。 これからは、季節に合わせたメニューを作ったり、恵比寿の人たちの健康的な食生活の一部として まちに根付いていきたいと考えているそうです。 今回は、学生特典「お好みの具を持参した方に、その具で特別におにぎりをにぎってくれます」を 使って特製おむすびを握ってもらいました!! 「恵比寿と言ったらビールでしょ!?」ということで、コンセプトは「ビールに合うおにぎり」に。 せっきーはお気に入りのオイルサーディン。 萌はビールの定番おつまみミックスナッツと柿の種を持って行きました! はたして、どんなおむすびになるのやら… 「チーズいれたらどうかな?」「アボガドはないでしょ〜」試行錯誤しつつ、 店長の大村さんが握ってくれたのは…じゃーん!! 左から、「梅しそサーディン」「味噌ナッツ」「柿ピーチーズ」「サーディンアボカド」!! 早速大村店長に試食してもらうことに… 「ん…」 サーディンは美味しいのだけれど油分で崩れて結局“いわしご飯”に、 柿ピーチーズもおせんべいっぽくて良いけど、 ひと味足りない…おむすびの具って難しい。 しかし、味噌ナッツは「これはいける!週替わりメニューにできる!」 ピリ辛の特製味噌とナッツの香ばしさがマッチして絶品。 見事、店長のお墨付きを頂きました! 二人は、心もお腹もすっかり満腹に。 おむすびの具持参で「ゑびすむすび」を訪れて、心も体も健康になろう♪    【特典を受けたい方は】 口頭で「シブヤ大学の学生です。」とお店の人に伝えて頂くか、もしくはこのページをプリントアウトして頂き、お店へ直接ご持参ください。


(取材:関根悠二、原田萌 ※取材日:2009年9月1日) 【カテゴリー:恵比寿・食べる】