授業詳細

[ 恵比寿キャンパス ]ワインとグラスのマリアージュ ~お酒と器の深い関係~

日時 : 2010年6月19日(土)13:30〜16:00
教室 : サッポロビール株式会社
先生 : 髙山 宗東 [ ワインコラムニスト/近世史研究家 ]、庄司 大輔 [ ソムリエ シニア・ワイングラス・エデュケイター ]

授業レポートをアップしました!

レポートを見る

参加費 : 無料 定員 : 30名 参加対象 : 20歳以上の方で、ワインやワイングラスに興味のある方であればどなたでも。

【申し込み方法】上記受付期間中、WEBフォームより抽選予約制で申し込みを受付いたします。
※抽選後にキャンセルが発生した場合は先着順で受付再開します。※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。

【入場】教室へは、授業開始時間までに必ずお入り下さい。授業開始後の入場は制限させていただきます。なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。
【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用下さい。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。
【撮影等】会場への撮影、録音機器のお持込は固くお断りさせて頂きますので、ご了承下さい。

【当日の持ち物】筆記具をご持参ください。

※1:当日の授業では、試飲ワイン代・お土産代として、お一人あたり「3,500円」を頂戴致します。
※2:アルコール類を提供しますので、20歳以上の方のみの受講とさせて頂き、
   当日受付にて身分証明書を確認させて頂きます
※3:集合場所は、恵比寿ガーデンプレイス内サッポロビール本社「正面玄関」前でお願いいたします。
※4:本人確認とセキュリティーの手続き上、時間がかかる場合があります。受付時間内に必ずお越し下さい。

レポートUP

※5:本授業の抽選は2010年6月7日(月)に行います。(抽選予約受付は6月6日(日)24時までとなります。)
※6:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、
   2010年6月17日(木)0時まで先着順でお申し込みを受付いたします。




お酒は、その土地や国の歴史と文化が織り交ざって出来上がった飲み物。
その中でもワインは、ぶどうの品種や育った土壌、水な自然のエッセンスが、
どのように味、色、香りに凝縮されているか?について語り合うのが楽しみ方のひとつです。

そして、さらにその味わいに欠かせないのが、「ワイングラス」。
グラスにはさまざまな形と大きさがあり、
それによって香りや味わいが変わることはご存知の方もいらっしゃることでしょう。
では、その形や大きさはどのように決められてきたのでしょうか?

本授業では、ワインコラムニストの高山宗東さんと、リーデル社シニア・ワイングラス・エデュケィターの庄司大輔さんを先生にお迎えして、ワインの歴史や文化、ワインから読み取れるたくさんのメッセージと、ワインが伝えるメッセージを引き出すグラスの選び方についてお二人からお話しをうかがいます。

授業では、初夏にふさわしい白ワインをテイスティングしていただき、グラスによって変化する味わいを体験。
そして最後は、まだ伴侶の見つかっていない山梨県のぶどう品種『甲州』で醸造された白ワインにふさわしいグラスを見つけたいと思います。

マリアージュは、フランス語で「結婚」の意味。
互いを高め、引き立て合う関係を目指して。
ワインとグラスのいい関係を見つけましょう!

【授業の流れ】
13:00 受付開始
13:30 はじめに、講義「ワインについて」
13:35 テイスティング
14:45 ワークショップ「『甲州』にふさわしいグラスを探そう!」
15:50 終わりに
16:00 授業終了

(授業コーディネーター: 佐藤 隆俊)


【注意事項】

※1:当日の授業では、試飲ワイン代・お土産代として、お一人あたり「3,500円」を頂戴致します。
※2:アルコール類を提供しますので、20歳以上の方のみの受講とさせて頂き、当日受付にて身分証明書を確認させて頂きます。
※3:集合場所は、恵比寿ガーデンプレイス内サッポロビール本社「正面玄関」前でお願いいたします。
※4:本人確認とセキュリティーの手続き上、時間がかかる場合があります。受付時間内に必ずお越し下さい。



■サッポロビール株式会社
サッポロビールは、「お酒は、お客様の楽しく豊かな生活を、より楽しく豊かにできる」と信じています。開拓使麦酒醸造所設立以来の、モノ造りへの想いや信念を忘れず将来に伝え、全ての企業活動を通して、新しい楽しさや豊かさをお客様に発見していただけるサッポロビールを目指します。これが、サッポロビールの永遠の務めです。サッポロビールは、お客様に「サッポロビールを選んでよかった」と言われる企業でありたいと考えます。

サッポロビール株式会社のWEBサイト
http://www.sapporobeer.jp/




■リーデル(RSN JAPAN株式会社)
250年以上もの歴史を誇るオーストリアのワイングラス・カンパニー、リーデル。
同じワインでも異なる形状のグラスで飲むと香りや味わいの印象が変わるという事実に着目し、様々なブドウ品種の個性に合わせた機能的なグラスを豊富なバリエーションで生み出しています。

「飲み物の個性がグラス形状を決定する」というリーデルの基本理念が確立され、今日ではワイン愛好家の方々から絶大な信頼が寄せられています。リーデルは、あらゆるブドウ品種のワインにマッチしたグラスを提供できる世界で唯一のグラスカンパニーです。

リーデル(RSN JAPAN株式会社)のWEBサイト
http://www.riedel.co.jp/


「ワインとグラスのマリアージュ ~お酒と器の深い関係~」は
シブヤ大学と【サッポロビール株式会社】【 リーデル(RSN JAPAN株式会社)】とのコラボレーション授業です。

髙山 宗東ワインコラムニスト/近世史研究家

専門は有職故実、江戸時代における戦国大名家関係者の事跡研究、系譜、江戸文芸、食文化、妖怪、葡萄酒伝来史。依頼されて、墨書で神社の御札や看板などを書く「揮毫」多数。

東京大学先端科学技術研究センター協力研究員、歴史考証家、有職点前(中世風茶礼)家元、ワインコラムニスト、イラストレーター、大阪市ワインミュージアム顧問などを務める。

単行本、雑誌、TV番組等の歴史考証の他、歴史・文学関連のコラム、醸造家へのインタビュー等を含むワインコラム等を執筆。ワインセミナーの講師をはじ め、歴史、文学、国語(言語変遷史)などの講演活動も。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~takayama/bumpitsu.htm

庄司 大輔ソムリエ シニア・ワイングラス・エデュケイター

資格:
日本ソムリエ協会認定ソムリエ RIEDEL社公認 シニア・ワイングラス・エデュケイター

経歴:
1998年 日本ソムリエ協会認定 ソムリエ呼称資格取得
1999年 ボルドー地方サン・テミリオンのCh.トロット・ヴィエイユにてワインつくりの現場を体験
2000年 帰国後ワインショップ勤務を経てリーデル・ジャパン入社

現在は日本人初の「リーデル社認定ワイングラス・エディケーター」として、リーデルグラスとワインの深い繋がりやその機能を、
グラステイスティングを通して伝えている。

今回の教室 :
「サッポロビール株式会社」

渋谷区恵比寿4-20-1(恵比寿ガーデンプレイス内)

行き方:
JR山手線恵比寿駅東口から動く歩道(恵比寿スカイウォオーク)で恵比寿ガーデンプレイスを目指してください。
サッポロビール社屋は、恵比寿ガーデンプレイスの三越とサンジェルマンの間を抜けると右手にあります。
正面玄関に受付テーブルを出してお待ちしています。
セキュリティーチェックの都合上、お早めにお越しください。

<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計となっております。安心してご来場下さい。