授業詳細

[ 文化 ]たき火にあたろう!

日時 : 2008年11月15日(土)14:00〜18:00
教室 : 千駄ヶ谷社会教育館
先生 : 石原 たきび [ フリーライター ]

参加費 : 無料 定員 : 20名 参加対象 : どなたでも。

【申し込み方法】上記受付期間中、WEBフォームより抽選予約制で申し込みを受付いたします。
※抽選後にキャンセルが発生した場合は先着順で受付再開します。
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。

【入場】教室へは、授業開始時間までに必ずお入り下さい。授業開始後の入場は制限させていただきます。なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来ませんのでご注意下さい。
【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用下さい。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。
【撮影等】会場への撮影、録音機器のお持込は固くお断りさせて頂きますので、ご了承下さい。

【当日の持ち物】筆記用具と軍手を必ずお持ち下さい。また、たき火で焼きたいものを一人一品、ご自由にお持ち下さい。

※1:本授業の抽選は11月4日(火)に行います。(抽選予約受付は11月3日(月)24時までとなります。)
※2:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、11月13(木)0時まで先着順でお申し込みを
受付いたします。

終了しました

みなさんは“火”に対してどんなイメージを持っていますか?

暖かい、明るい、危ない、癒される、便利、不便など、人によって様々なイメージがふくらむ“火”。
原始の時代から人間にとって身近で、頼もしく、また畏敬の対象でもありました。
しかし、現代ではなかなかその魅力を実感する機会がなく、火を使うのもガスコンロでお料理する時くらいではないでしょうか。

そこで今回の授業は、“たき火”という最も火に触れる手段を通じて、火の扱い方を学ぶとともに、火の「あったかいってすごい」「明るいってすごい」というシンプルな魅力を再発見したいと思います。
先生は、たき火好きが高じて、名前を変えてしまったフリーライターの石原たきびさん。火にまつわる歴史やコミュニケーションツールとしての火の効果などについて学びます。

授業後半のたき火の時間では、火にあたるだけでなく、お芋などを焼いてみんなで食べたいと思います。
これもたき火の醍醐味のひとつ。ぜひ思い思いの一品をお持ち下さい。

【授業の流れ】
14:00 講義
14:30 渋谷区千駄ヶ谷・鳩森八幡神社にてたきぎ集め
15:30 多摩川河川敷(二子新地)へ電車で移動
16:30 たき火の準備
17:00 点火、火を囲む
18:00 授業終了

(授業コーディネーター:清田隆之)

【注意事項】
※1:当日の授業では、材料費として、お一人あたり「500円」を頂戴致します。(多摩川河川敷への移動交通費は含まれませんので、ご注意下さい。)

※2:お芋はシブヤ大学事務局で用意致しますので、たき火で焼きたいものを一人一品、ご自由にお持ち下さい。また、軍手もご用意下さい。

※3:煙や灰で汚れる可能性があるため、汚れても良い服装でご参加下さい。

※4:天候、その他の状況により、中止になることがございます。万が一中止の場合には、本授業にお申込み頂きましたメールアドレス宛にシブヤ大学事務局より、11月15日(土)午前8時までにご連絡させて頂きます。

※5:当日の材料などの準備のため、11月4日(火)にシブヤ大学事務局より出欠確認(注)のご連絡をさせて頂きます。11月9日(日)までに出席のお返事を頂けない場合はキャンセル扱いとさせて頂きますのでご了承下さい。

(注)学生登録時に記載頂いたメールアドレス宛に事務局より確認のメールを送らせて頂きます。こちらからメールが送れない場合もキャンセル扱いとなってしまいますので、メールアドレスの正確な記載を宜しくお願い致します。

石原 たきびフリーライター

1970年岐阜県生まれ。たき火の会主宰。1997年の結成以降、都内川原やキャンプ場などでたき火の会を実施。参加人数は延べ200人以上。会の活動を通して、炎の持つ魅力と魔力を探究し続けている。

今回の教室 :
「千駄ヶ谷社会教育館」

渋谷区千駄ヶ谷1-6-5
電話: 03-3497-0631
※場所の確認以外でのご連絡はお控えください。
授業内容や出欠、遅刻等についてのお問い合わせ、ご連絡はシブヤ大学事務局までお願いします。

最寄り駅:JR総武線千駄ヶ谷駅 下車 徒歩7分 
地下鉄大江戸線国立競技場駅徒歩5分

<連絡先>
シブヤ大学事務局  
03-3479-4285
info@shibuya-univ.net

JR総武線千駄ヶ谷駅よりほど近く、渋谷区民のための学習や情報交換の場として活用されている教育会館。

社会教育館は、渋谷区民の方々が自主的な社会教育活動を行うために建設された。社会教育活動のお手伝いをするため、社会教育に関する情報や資料を提供したり、グループ活動の相談などに応じている。学習室(大・中・小)、和室、茶室、料理室、託児室、談話コーナー兼展示室、図書・資料室、印刷・サークル室、体育室兼音楽室 などがある。

<バリアフリーに関して>
バリアフリー設計となっております。安心してご来場下さい。