授業詳細

[ 12周年特別授業 ]2限目:「十人十色」の未来を考えよう

日時 : 2018年9月29日(土)13:30〜15:00
教室 : 聖心女子大学
先生 : 原 真衣 [ NPO法人ヒューマンケアクラブ ストライド ストライドクラブ 事務局長 ]

参加費 : 無料 定員 : 30名 参加対象 : 障害のある人もない人も共に働くということについて考えたい人、福祉に興味のある人

【申し込み方法】上記受付期間中、WEBフォームより先着予約制で申し込みを受付いたします。
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。

【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用下さい。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。
【撮影等】会場での撮影、録音機器のお持込は固くお断りさせて頂きますので、ご了承ください。

【当日の持ち物】筆記用具

※1:本授業は2018年9月1日(土)10時より先着受付です。 
※2:定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、2018年9月28日(金)10時まで先着順でお申し込みを受付いたします。お電話、メールでのキャンセル待ちの受付はしておりませんのでご了承ください。 
※3:授業開始の15分前までに、食堂に設置する「シブヤ大学 総合受付」にて受付をお済ませください。15分前までに受付が済んでいない場合は自動キャンセルとさせていただき、当日席として解放しますので、時間に余裕を持ってお越しください。なお、受付から教室までは5分程度をみていただければと思います。受付時間は10:00〜です。 
※4:当日、聖心女子大学では通常の講義や試験が行われる予定です。大声を出したり、シブヤ大学以外の教室へ入ることは、絶対にしないでください。キャンパス内を歩く際は、受付でお渡しする入場パスを必ず身につけてください。当日は警備を強化しており、パスを付けていない場合はお声がけさせていただくことがあります。ご協力お願い致します。
※5:託児(1歳以上の未就学児)をご希望の方は、お名前、申込された授業名、ご連絡先、お子様のお名前と年齢を明記の上、シブヤ大学事務局 までメール info@shibuya-univ.net にてご連絡ください。【託児の申込は9月16日(日)まで】

申込受付中(先着)

申込む

申込受付 : 9/28 10時まで

先日、障害者雇用調整金の助成拡大について知りました。障害者雇用調整金とは、週20時間以上働く障害者を雇用している場合に企業に支払われる助成金のことです。現在は週20時間以上となっているところを、週20時間未満の短時間勤務でもいいよという方向になっているそうです。
実はこの動き、とても大きな可能性を秘めているのです。

障害あるなし関わらず、全ての人が孤立しない社会。
それはきっと、十人十色が認められた社会ではないでしょうか。
この授業では「働く」を、社会と関わる最も大きな「手段」と捉え、どうしたら十人十色が認められる社会になるのか、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

みなさんは、精神障害という言葉にどのような印象を持っているでしょうか。
具体的にどんな人がいるか、顔は浮かびますか?
もし、一緒に働くとしたら?
身近にいたら?
障害のある人とない人のボーダーは?
何を基準に精神障害だと考える?
そもそも、障害って何?

今回の先生は、NPO法人 ヒューマンケアクラブ ストライド「ストライドクラブ」事務局長の原真衣さんです。
「ストライドクラブ」とは、精神障害者のための “クラブハウス” を運営し、ハウスを維持していく為に必要な仕事を、メンバーとスタッフの共働ですすめている施設です。
つまり、精神障害のある人たちが、就労など次のステップに進むための訓練の場として、ここに通い、ここで過ごすことを目的としている施設です。
そんなストライドクラブが最近はじめたのが、冒頭でお話しした「短時間勤務」です。

今回は、原さんに「ストライドクラブ」のことや、そこに通うメンバーさんについて教えていただいたあと、この「短時間勤務」の可能性について、お話ししていただきたいと思います。
そして私たちが「十人十色の未来を実現するためにいま何が必要なのか」を、みなさんと共に考えていきたいと思います。

これまでは、短時間しか働けない人は就労を諦めなければならなず、社会と関わる機会が少なくなり、ますます孤立してしまう問題がありました。
もし、自分に置き換えたらどうでしょう?あなたが体調のせいでいまの仕事が思うように出来なくなり、明日から来なくていいと言われたら、どんな毎日が待っているでしょうか。
私たちが必要としているのは、互いが互いの存在を認め合い、明日もここに来る理由がある毎日を過ごすことなのかも知れません。

「働く」ということから、十人十色の未来を考えてみませんか。


【授業の流れ】(予定)
・ストライドクラブとは?どんな人が利用している施設なのか
・「働く」とは何だろう?
・払拭したい!「障害」に対するマイナスのイメージ グループトーク
・クロージング/記念撮影

※ 授業後、アンケートのご記入にご協力をお願いいたします

(授業コーディネーター:柴田麻友、吉川真以)

原 真衣NPO法人ヒューマンケアクラブ ストライド ストライドクラブ 事務局長

1979年東京生まれ。看護師・保健師。
2001年3月 日本赤十字看護大学 看護学部 卒業
2001年4月〜 精神科病院に勤務
2009年7月〜 ストライドクラブに勤務

NPO法人 ヒューマンケアクラブ ストライド ストライドクラブ 事務局長
渋谷区自立支援協議会委員
渋谷男女平等・ダイバーシティセンター 運営委員

3児のシングルマザー
モノづくりと精神科看護が大好き

今回の教室 :
「聖心女子大学」

東京都渋谷区広尾4-3-1
※授業内容や出欠、遅刻等についてのお問い合わせ、ご連絡はシブヤ大学事務局までお願いします。

・東京メトロ日比谷線「広尾駅」(2番「天現寺橋(聖心女子大学)方面」出口)下車  広尾商店街(散歩通り)を通り 約3分
・JR渋谷駅東口または恵比寿駅より都バス 「日赤医療センター前」行 終点「日赤医療センター前」下車 約3分
・JR品川駅より都バス「新宿駅西口」行 「広尾橋」下車 約4分
・JR目黒駅より都バス「千駄ヶ谷駅」、「新橋駅」行 「広尾橋」下車 約4分

<連絡先> シブヤ大学事務局
03-3479-4285(11:00〜18:00)
070-5563-8840(授業当日のみ)
info@shibuya-univ.net


聖心女子大学のキャンパスは広尾という東京の真ん中に位置する場所にあります。六本木・原宿・恵比寿など日本の先進文化の発信地とも言える場所に徒歩圏で、東京・新宿・渋谷・品川・上野・池袋といった、東京の全てのターミナル駅に30分圏内という抜群のフットワークです。聖心女子大学はワンキャンパスですので、全ての学生が四年間をこのキャンパスで過ごします。
広尾という場所は、有栖川宮記念公園や旧白金御料地といった都心とは思えない緑豊かな場所に隣接しており、かつ都立中央図書館や各国の大使館が点在するインターナショナルな雰囲気に包まれた知の中心地でもあります。
聖心女子大学のキャンパスは小高い丘の上に位置し、伸びやかな空間と、都心とは思えないほど四季折々の自然の移りかわりを感じさせる緑に囲まれています。一歩足を踏み入れると、先進的な建物群や設備と伝統を感じさせる建物群とが、美しいコントラストを見せてくれます。