授業詳細

[ みんなの手しごと ]繕(つくろ)うアート
~ダーニングの魅力

日時 : 2018年2月3日(土)14:00〜17:00
教室 : 西武渋谷店 A館7階 サンイデー渋谷 教室スペース
先生 : 野口 光 [ ニットデザイナー ]

授業レポートをアップしました!

レポートを見る

参加費 : 3,000円 定員 : 8名 参加対象 : 中学生以上どなたでも。手しごと、衣服の修繕、手芸、ニットに興味のある方。

【申し込み方法】上記受付期間中、WEBフォームより抽選予約制で申し込みを受付いたします。
※1回のお申し込みにつき、1名様のご入場となりますのでご了承ください。同じ方が同じ授業に2回申し込みは出来ません。

【入場】教室へは、授業開始時間までに必ずお入りください。授業開始後の入場は制限させていただきます。なお、10分を超えて遅刻された場合は受付終了となり、授業へ参加することが出来かねる場合がございますのでご留意ください。
【参加】授業の途中退場はご遠慮ください。「日時」に記載しております授業時間にフルで参加できるものにお申込みください。
【交通手段】当日、教室への交通手段は電車、バスなど公共機関をご利用下さい。近隣への配慮のため、車・バイク・自転車でのご来場はご遠慮願います。
【撮影等】会場での撮影、録音機器のお持込は固くお断りさせて頂きますので、ご了承ください。

【当日の持ち物】筆記用具/修繕したい衣類/使い慣れた工作用ハサミ、エプロン(あれば)

※1:材料費として、おひとり3,000円を頂戴いたします。材料には、ダーニングマッシュルーム、10種類の糸、針、糸通しが含まれます。(現金のみで、お釣りのないようにお願いします) 
※2:汚れても良い服装でいらしてください。
※3:持ち物は、筆記用具、修繕したい衣類、使い慣れた糸切りハサミ。あれば、エプロンをお持ち下さい。
※4:中学生以上を対象にしています。  
※5:本授業の抽選は2018年1月24日(水)に行います。 (抽選予約受付は1月23日(火)24時までとなります。) 
※6:抽選後、定員に満たない場合やキャンセルが発生した場合は、2018年2月2日(金)10時まで先着順でお申し込みを受付いたします。お電話、メールでのキャンセル待ちの受付はしておりませんのでご了承ください。

レポートUP

「ダーニング」って、知っていますか?
ダーニングとは[Darning]と表記し、英語で繕いものという意味です。
衣類の補修技術の一つで、、経糸に緯糸を通して繕う技法は世界のいたるところで目にします。
ダーニングでお気に入りの衣類がさらに可愛くしかも補強もできるワークショップです。

大好きなセーターなどのニットはお気に入りな分、シミになったり引っ掛けたり、悲しい思いをしているかもしれませんね?
今回は、ダーニング&ニット作家の野口光さんを先生にお招きし、ダーニングの魅力とその基礎技術を学びます。

ダーニング・マッシュルームという、木でできた温かみのあるキノコ型のカケハギ用の道具を使って、ダーニングを体験しましょう。
本来は、修繕したところが目立たないように繕いますが、野口さんのダーニングはあえて異なった色や素材を使う「装飾ダーニング」。
コントラストを楽しみさらに愛着のある衣類になるのです。

「繕う」という小さな針仕事から生まれる、作品とも呼べる「ダーニング」の世界を体験してみませんか?

※材料費には、ダーニングマッシュルーム、10種類の糸、針、糸通しが含まれます。
※修繕したい、お気に入りのニット衣類(セーター、帽子、靴下など)をご持参ください。
※この技法は、薄手、編み目が大きな衣類には不向きです。使い慣れた糸切りハサミ、必要でしたら老眼鏡などご持参ください。

【授業の流れ】
13:45 受付開始
14:00 はじめに~
14:05 先生から、ダーニングについて
    基礎的テクニック
    やってみよう
    チクチクに集中
    完成~披露
16:50 ふりかえり~記念撮影
17:00 終了

※授業後10分程度、アンケートのご記入にご協力をお願いいたします。

(授業コーディネーター 佐藤隆俊)
※PHOTO: AKEMI KUROSAKI

【授業コーディネータからひとこと】
手を動かし、何かをつくるシリーズ授業「みんなの手しごと」ですが、直したり繕うことをテーマにした授業は2012年の「やってみよう!金継ぎ~漆と金粉でよみがえる器~」以来企画されなかったと気づきました。 どのような物でも人が作ったものは、人の手で補い、修繕することでいっそう長く人の役に立つことができます。その方法を学び体験することで、素材についてや、いろいろな工夫・技を知ることができるのではないでしょうか? この授業から、長く使う喜びとともに、ものへの愛着ということが伝わるとうれしいです。

【注意事項】
※1:材料費として、おひとり3,000円を頂戴いたします。(材料には、ダーニングマッシュルーム、10種類の糸、針、糸通しが含まれます。)
※2:汚れても良い服装でいらしてください。
※3:〔持ち物〕筆記用具、修繕したい衣類、使い慣れた糸切りハサミ。あれば、エプロンをお持ち下さい。 
※4:中学生以上を対象にしています。
※5:授業の内容や進行は、当日の状況によって多少変更する場合があります。

【みんなの手しごとについて】
「みんなの手芸」は、シブヤ大学と西武渋谷店サンイデー渋谷とのコラボレーション企画から生まれた授業です。「手芸」や「手しごと」を通して、先生や皆さまとつながりあえる場作りとして毎月開催しています。作品をつくるだけではなく、いろいろな人とのお話など交流もお楽しみください。


■株式会社そごう・西武 西武渋谷店 
1968年にオープンした西武渋谷店は、 流行と文化の発信地として常に時代に共感しながら「シブヤスタイル」を提案する百貨店です。 さまざまなお客様のご要望にお答えするために、 深い商品知識を持つ「専門販売員」を売場に配置しています。 また、お体の不自由なお客さまのお買い物のサポートを目的とした 「ハートフルアドバイザー」を置くなど、百貨店らしさに加え、一人ひとりの生活スタイルに答え、 地域にも根ざしたサービスをお客さまに提供することで、 豊かな暮らしの創造に貢献していくことを目指しています。 

野口 光ニットデザイナー

HIKARU NOGUCHI TEXTILE DESIGN主宰。
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科を卒業後、イギリスの ミドルセクス大学でテキスタイルデザインを学ぶ。卒業後、 ロンドンをベースに、インテリアをはじめファッション業界で ニットデザインのコレクションの発表を続ける。 現在、仕事の拠点をロンドンと東京に、住まいの拠点を 南アフリカに置きながら、世界各地でテキスタイル関連の デザインやコンサルタント、執筆などと活動の幅を広げている。 近年はダーニングの人気が高まり、各地でダーニング教室や ワークショップを開催。オリジナルのダーニングマッシュルームも手掛ける。
最新刊:「愛らしいお直し ダーニングで大好きな服がよみがえる」(主婦の友)
http://www.hikarunoguchi.com
www.darning.net

今回の教室 :
「西武渋谷店 A館7階 サンイデー渋谷 教室スペース」

東京都渋谷区宇田川町21-1 西武渋谷店 A館7階 サンイデー渋谷 教室スペース
電話:03(3462)0111大代表
(お問い合わせは所在場所についてのみ、お願い致します。授業内容や出欠、遅刻等についてのお問い合わせ、ご連絡はシブヤ大学事務局までお願いします。)

最寄り駅:JR渋谷駅、東京メトロ半蔵門線・銀座線・副都心線渋谷駅、東急東横線渋谷駅、京王井の頭線渋谷駅よりそれぞれ徒歩30秒~5分



<連絡先>
シブヤ大学事務局  
03-3479-4285(10:00〜18:00)
070-5563-8840(授業当日のみ)
info@shibuya-univ.net

「サンイデー」の名前はフランス語で「100のアイディア」という意味です。 この場所からたくさんのアイディアやハンドメイクを通したコミュニケーションが広がればいいな、という気持ちが込められています。
■西武渋谷店 A館7階 サンイデー渋谷 教室スペース  電話:03-3462-3324<直通>
<バリアフリーに関して> 西武渋谷店[ハートフルアドバイザー]がご案内いたしますので、安心してお楽しみ頂けます。 尚、[ハートフルアドバイザー]のアテンドをご希望される場合は、 授業前日までにコンシェルジュまでご予約ください。
■西武渋谷店 コンシェルジュ  電話: 03(3462)3904 <直通>